\ フォローしてね /

オーブンを使わない!スプーンで食べるチーズケーキ風菓子の作り方

お給料日前でお財布が軽いけれど、チーズケーキが食べたい、という時に、冷蔵庫にあるものだけで作ることができる、あっさりやわらかいスプーンで食べるチーズケーキ風のお菓子です。

しっとりなめらかに仕上がりますので、風邪をひいてのどが痛いときのおやつにもおすすめです。

必要なもの

材料(2人分)

  • プレーンヨーグルト…200グラム
  • たまご…1個
  • 砂糖…大匙2杯
  • ジャム…お好みで

道具

  • ココット型
  • なべ
  • キッチンペーパー
  • ボウル
  • 泡だて器
  • ラップ
  • スプーン

作り方(調理時間:10分)

STEP1:生地をつくる

ボウルにたまご1個を割りいれます。

泡だて器で30秒ほどかき混ぜます。あわ立てる必要はありません。

プレーンヨーグルト200グラムを入れて30秒ほど、滑らかになるまで、泡だて器でかき混ぜます。

砂糖大匙2杯を入れて30秒程、滑らかになるまで、かき混ぜます。

スプーンなどでココット型2つに注ぎいれます。ココット型がない場合は、マグカップやプリン型などで代用してください

生地を注ぎいれたココット型にラップをかけ、ふんわりと覆います。

STEP2:なべの準備をする

ココット型が2つ入る大きさのなべを用意します。なべの底にキッチンペーパーを敷きます。なべにキッチンペーパーを敷くのは、水を沸騰させた際にココット型ががたがたと動かないようにするためです。

キッチンペーパーを敷いたなべに、水の深さが1センチくらいになるようにお水を入れます。だいたいカップ2杯くらいです。

キッチンペーパーを敷き、水を入れたなべに、生地を入れてラップをかけたココット型を入れます。

なべの縁とココット型にかけたラップが接触しないようにしておきます。なべの縁とココット型にかけたラップが接触すると、コンロに点火した後でラップが溶けてしまいます

STEP3:コンロに点火して蒸す

なべにふたをします。

コンロに点火して、強火にします。

沸騰したら弱火にします。すぐに沸騰しますので、その場を離れないでなべを見張っていましょう。

沸騰して弱火にしたらすぐ、なべのふたを1センチくらいずらして蒸気を逃がします。そのまま5分くらい弱火にかけ続けます。

弱火にかけて5分経ったら、火を止め、ふたを開けてチェックをします。ココット型に入れた生地の中央が盛り上がっていたら、出来上がっています。

まだ盛り上がっていなかったら、再び弱火にかけて30秒ごとにチェックを繰り返してください。

こまめにチェックすることで、スが入らないなめらかな仕上がりになります

STEP4:盛り付けて完成

なべのふたをあけて5分くらい放置して、冷まします。

手で触れるくらい冷めたら、ココット型をなべから取り出します。

ラップを外します。

お好みでジャムを添えて、スプーンでいただきます。温かいまま食べても、冷蔵庫で冷やして食べても美味しいです。

上手に作るためのポイント

なべを弱火にかける際に、なべのふたを1センチくらいずらして蒸気を逃がしながらゆっくりと火を通すことで、滑らかな仕上がりになります。

さいごに

くだいたクッキーを上に載せて食べると、さくさく食感が加わって更に美味しくいただけます、お試しください。

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。