\ フォローしてね /

食感フワフワ、味コッテリ!関西風お好み焼きの作り方

「粉もんは関西の誇りやで」とアイドルグループが唄っているように、関西在住のものにとってお好み焼き、たこ焼きなどは生活に密着しています。

漬け物の味が家庭によって違うように、お好み焼きも家庭によって味が違います。今回は大阪在住の筆者が、基本的な関西風お好み焼きの作り方をご紹介します。

材料(2人分)

  • 小麦粉:120g
  • 出汁の素:小さじ1/3
  • 鶏ガラスープの素:小さじ1/4
  • 塩:2〜3振り
  • 水:180cc
  • 長芋:30g
  • キャベツ:7〜8枚
  • 揚げ玉:大さじ1
  • 紅ショウガ:10g
  • 粉かつお:大さじ1
  • ネギ:50gぐらい(冷凍してあるものを使いました)
  • 卵:2個
  • イカ:80g(冷凍してあるものを使いました)
  • 豚肉:100g
  • 和辛子:適量
  • ウスターソース:小さじ1(1枚分)
  • トンカツソース:大さじ2(1枚分)
  • マヨネーズ:大さじ1ぐらい(1枚分)
  • 青のり:適量(全体にふりかける感じです)
  • かつおぶし:適量(好きなだけ)

作り方(調理時間:15分)

STEP1:出汁を作る

出汁の素、鶏ガラスープの素を水で溶いて出汁を作ります。

STEP2:キャベツと長芋の準備

キャベツは千切りよりも少し粗めに切り、長芋はすり下ろします。

今回は写真を撮るために長芋をすって器に入れましたが、生地を作る際にダイレクトにすりながら入れてしまってかまいません。

STEP3:粉を溶く

ボウルに小麦粉、出汁を入れます。

菜箸などでよく混ぜます。

STEP4:長芋を入れる

すった長芋を入れます。

よく混ぜます。

STEP5:その他を入れる

ネギ、キャベツ、揚げ玉、紅ショウガ、粉かつお、卵を入れます。

菜箸などでキレイに混ぜ合わせます。

STEP6:焼く

フライパンにうっすらとサラダ油をひき火を点けます。火力は強火でフライパンが熱くなったら中火よりも少し弱めの火力にして生地をひきます。そしてその上にイカを乗せます。

さらにその上に豚肉を広げて乗せたらそのまま4分間焼きます。

4分間焼いたら裏返して4分間焼きます。

4分間焼くのは目安です。写真よりももう少し焦げていてもかまいません。

4分間焼いたらもう一度裏返します。

STEP6:味付け

和辛子をうっすらと塗ります。

辛子は自分の好みで塗ってください。辛いのがきらいなら塗らなくてもかまいません。

トンカツソース、ウスターソース、マヨネーズを生地の上に乗せます。

スプーンの背などで全体に広げてください。

この時、フライパンにソースがこぼれてしまってもかまいません。こぼれないように少なめにソースをかけるよりもこぼれてしまってもかまわないから…という気持ちでたっぷりとソースをかけた方がおいしいです。

青のりを全体にふりかけ、かつお節をまんべんなくかけたら出来上がりです。

さいごに

関西風お好み焼きができあがりました。食感フワフワ、味コッテリの関西の味をお楽しみください。

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。