\ フォローしてね /

猫にドン引きされる3つの行動

このライフレシピのもくじたたむ

筆者は猫が大好きなのですが、一歩歩くごとに「うわちょっとアンタ近付かないでよ」「何こいつ目ぇギラギラしててキモいわ」と道行く猫に罵られているタイプなんです。

恋とは一方通行であるほど燃えるもの。悲しいかな、猫への気持ちも同じようで、惨めにアタックしては玉砕する日々を送っております。なのでここでは、反面教師的な意味を込めて「猫に嫌われる」3つのポイントをまとめてみたいと思います。

猫に意見を聞いてみた

「うるさい奴はほんと勘弁」(お昼寝大好き猫Cさん)

猫とは聴力の大変優れた生き物です。人間はおろか、犬よりも優れているとも言われています。ですので「猫ちゃんカワイー!」などと叫ばれるのは恐怖でしかありません。

もしあなたがどうしても愛を叫びたいのであれば、「猫ちゃん……カワ……イイ……」という風に今にも死にそうな囁き声でやりましょう。少なくとも猫には引かれません。人間には引かれますが。

「初対面なのに、ジロジロ見るなんて失礼だよ!」(お年頃の猫Bさん)

「あ、野良猫だ。可愛い!」と思って見ると、間違いなく逃げられますよね。猫の世界では、「視線を合わせる=ガンつける」なのだそうです。

自分より何倍も大きい生き物がいきなりガンつけてきたら、怖いですね。なので自分の強面のせいだと思って落ち込んでいた方は、どうぞ安心して、そのおっかない顔面を伏せて歩きましょう。ついでに人間にも怯えられなくなります。

「アイドルにも猫にも、プライベートってあると思うわ」(秘密主義の猫Aさん)

猫って可愛いですね、いたら思わず手を伸ばしたくなりますね。その気持ち痛いほど分かりますが、やめましょう。猫とは基本的に気ままな生き物ですので、拘束されることを嫌います。こちらからは基本的に近寄らす、猫から寄って来た時に初めて撫でてあげる、そんな距離感が最も丁度良いようです。

なので、「私と仕事、どっちが大事なの!」「どうしてメールを返してくれないの!」「電話に出なかったのはどうして!?」と拘束するのは、彼氏だけにしておきましょう。

おわりに

ネットを検索すれば、他にももっと色々な「嫌われる行動」が出てくると思います。しかし、一口に猫と言っても個体差があります。全ての情報を鵜呑みにしないで、猫に合わせて柔軟に行動していくのがベストなのではないでしょうか。

(image by 筆者)
(image by amanaimages 1 2 3)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。