\ フォローしてね /

中学・社会<公民>「社会保障と福祉」の学び方

今回は、「社会保障と福祉」について学びます。

重要な語を太字、覚えるべき語を「太字」で表記します。

社会保障制度とは?

社会保障制度とは、次項から学ぶ「社会保険」、「社会福祉」、「公的扶助」、「保健医療・公衆衛生」の総称です。

社会保障制度は、日本国憲法第25条でこのように定義されています。

「1.すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。 2.国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に務めなければならない。(生存権)」

つまり、私たち国民が、''健康で文化的な最低限度の生活ができるように
国がサポートしなければならない制度を社会保障制度''といいます。

社会保障制度ー[社会保険]とは?

社会保険とは、「各自が保険料を払い、各種リスクの保障をするというシステムである。原則として強制加入の制度」です。

社会保険は5つに分類できます。

  • 医療保険:医療機関で受診した際に一部費用を国が負担してくれる制度
  • 年金保険:保険の仕組みを使い保険料の拠出が前提となっている年金制度
  • 労災保険:労働者災害補償保険法に基づいて、給付を行う制度
  • 雇用保険:雇用保険法に基づき国が運営する保険の制度
  • 介護保険:介護を事由として支給される保険制度

つまり、社会保険とは、「医療保険・年金保険・労災保険・雇用保険・介護保険」の総称でもあります。

テストでは、「社会保険とは、どんなものの総称ですか」と問われやすいので5つの保険名を覚えておきましょう。

社会保障制度ー[社会福祉]とは?

社会福祉とは、児童、母子、心身障害者、高齢者など、社会生活を送る上でハンディキャップを負った人々に対して、公的な支援を行う制度のことです。

また、社会福祉には4つの分類分けができます。

  • 老人福祉→特に高齢者を対象とするサービスのことを指します。
  • 障害者福祉→身体、知的発達、精神に障害を持つ人々に対して、自立を支援する福祉制度のことです。
  • 児童福祉→児童に行われる制度のことです。
  • 母子福祉→母子家庭に対し、生活の向上及び安定のために国が支援する制度

つまり、社会福祉とは「老人福祉・障害者福祉・児童福祉・母子福祉」の総称ともいえます

テストでは、「社会福祉とは、どんなものの総称ですか」と問われやすいので4つの分類を覚えておきましょう。

社会保障制度ー[公的扶助]とは?

公的扶助とは、「生活に困窮する者に限り、国が最低限の生活の保障をし、自立を助ける制度のこと」です。これは「生活保護」が該当します。

生活保護といえば、先日、兵庫県小野市で「生活保護通報条例」が可決され4/1から施行されます。この条例は、生活保護を受けているのにギャンブルをしている人を見かけたら通報するという条例です。

つまり、生存権で定義されている「最低限度の生活」を営むために支給しているお金を、自分の娯楽につぎ込むのは違反だという条例です。

この条例は、時事問題として出題される可能性が高いので要注意です。

介護保険制度とは?

介護保険制度とは、「老後の最大の不安要因である介護を社会全体で支える仕組みのこと」です。つまり、高齢者を社会全体で支えていこうという制度ですね!

この制度に関しては、お住まいの地区の役所で説明を受けることができますので、もし必要としているかたがいましたら、お近くの役所まで問い合わせてください!

この分野は、あまりテストに出題されにくいのでさわりだけでも覚えておいてください。

おわりに

「社会保障と福祉」は重要なのでぜひ覚えてください。

(image by amanaimages)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。