\ フォローしてね /

基本を押さえて!訂正印の押し方

このライフレシピのもくじたたむ

公共機関の総務部7年目の筆者が、勤務場所で行っている訂正印の押し方について紹介したいと思います。

準備するもの

  • 赤ボールペン
  • 定規
  • 印鑑(あれば豆印が好ましい)
  • 朱肉

訂正印の押し方

この文書を訂正する方法について順を追って見ていきましょう。

STEP1:訂正したい箇所を2重線で消す。

定規使用して、赤いボールペンでまっすぐ線を引きましょう。

文章を削除する際は黒線を使う場合が多いようです。

STEP2:右端に訂正印を押す

朱肉を付け、1ケ所、はっきりと押印しましょう。

豆印がない場合は通常のものでも構いませんが、陰影が大きく文書が汚い印象になってしまいます。

STEP3:上に訂正する内容を記入する

同じく赤いボールペンを使用して丁寧に書きましょう。

複写式の書類については複写の部分それぞれについて同様の訂正作業をする必要があるので忘れないようにしましょう。

おわりに

自信を持って訂正印を押せるようになると、記入に対しても自信を持って行うことができます。基本的な次項を押さえて、良い仕事をしましょう。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。