\ フォローしてね /

誰がどれだけ受け取れる?法定相続人と法定相続分の基礎知識

「相続」には、「(1)亡くなった方の財産(遺産)を分ける」「(2)税金を払う」「(3)諸手続きをする」の3つのポイントがあります。

なかでも、「遺産を分ける」ことが大変難しく、もめることが多いため「争続」などという当て字もあります。

ここでは、「誰がどれだけ相続することができるか」の知識として、「法定相続人」と「法定相続分」についてご説明いたします。

法定相続人とは

民法では相続人になれる人の範囲が決まっています。これを「法定相続人」といい、大きく分けて「配偶者相続人」と「血族相続人」があります。

配偶者相続人とは

婚姻届を出し、法律上の配偶者と認められている場合は、常に相続人になります。これを配偶者相続人と言います。

事実婚で婚姻届を出していない場合は、相続人になることができません。

血族相続人

一方、血族相続人には優先順位があります。先の順位がいないときだけ後の順位の人が相続人となります。

  • 第1順位:子や孫
  • 第2順位:父母や祖父母
  • 第3順位:兄弟姉妹やおい・めい
第1順位の子には、実子のほかに養子も含まれます。他家の養子(特別養子を除く)になっている場合は、実親からも養親からも相続できます。
婚姻していない人との間に生まれた子(非嫡出子)は、認知されていれば父親の相続人になります。
代襲相続:子どもや兄弟姉妹が先に亡くなっていた場合には、その子どもである孫やおい・めいなどが代わりに相続することができます。これを代襲相続といいます。
法定相続人以外の人が亡くなった人の財産を相続するためには、遺言が必要です。(例)長らく介護をしてくれた嫁に遺産をあげたい等。

法定相続分とは

法定相続分とは、民法上で定められている「法定相続人が相続する割合」のことです。法定相続分は法定相続人が誰になるかによって決まっています。

配偶者と子の場合

  • 配偶者:1/2
  • 子全員:1/2
子が2人のときは1/2を等分に分けることになるので、1人あたりの法定相続分は1/4です。

配偶者と父母(子・孫がいない)の場合

  • 配偶者:2/3
  • 親全員:1/3
両親とも健在ならば親1人あたり1/6で、父・母どちらか1人なら1/3です。

配偶者と兄弟姉妹(子・孫、父母・祖父母がいない)の場合

  • 配偶者:3/4
  • 兄弟姉妹全員:1/4
兄弟姉妹が複数いれば、その人数で等分します。

その他

必ず「法定相続分」どおりに遺産を分けなくてはいけないの?

相続人全員が協議して合意すれば、自由に遺産を分割することができます。

「遺産分割協議」といいます。

もっとも、法定相続通りに相続する場合でも、法定相続分はあくまでも割合であり、どの財産を誰が相続するかは決められていません。そこで遺産が少しでもある場合には、遺産分割協議をして、その分け方を決める必要があります。

しかし、遺産分割について裁判で争った場合、結局「法定相続分通りに分けなさい」と言われてしまうため、法定相続分を目安にして、遺産を分けることが多いようです。

また、自宅などの不動産の相続は評価や分割が難しい場合が多々あります。一言で法定相続通りに分けるといっても、想像以上に難しく、仲の良い家族の間でも後味の悪い結果になることが多いのです。

円満な遺産分割のためにできることは?

被相続人(亡くなって遺産を残す人)が、遺産の具体的な分け方について、遺言を残しておくことです。

遺言の中でも、公正証書遺言を残しておくことをおすすめします。専門家である公証人が形式・内容を確認し、原本を保管するため、万一のときでも安心です。

特に、子どものいない夫婦でお互いに全財産を相続したい場合、遺言があると確実です。

なお、兄弟姉妹には遺留分(最低限の相続分)がないため、遺言に異議を申し立てることはできません。

おわりに

愛する家族が亡くなって悲しみに暮れているときに、財産の分け方で争ってさらに悲しみが増す…などということがないように、元気なうちから相続の準備をしておきましょう。

(photo by amanaimages)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。