1. 料理
    2. 天然ものは香りを楽しもう!おいしい鮎の見分け方

    暮らしの情報サイトnanapi終了のお知らせ

    2020年8月31日(月)をもってサービスを終了いたします。詳しくはこちらをご確認ください。

    天然ものは香りを楽しもう!おいしい鮎の見分け方

    川で生まれて海に入り、春に再び川に戻って一生を終える年魚である鮎は、清流の女王と言われ、解禁シーズンになるとこぞって川に鮎釣りに出かけるファンの多い魚です。

    今回は、そんな鮎の美味しさを見極めるポイントをご紹介したいと思います。

    産地で見分けるポイント

    北海道から九州まで、日本全国の川に生息していますが、特に有名な産地は熊本県の球磨川、高知県の四万十川、奈良県の吉野川です。

    品種で見分けるポイント

    天然もの

    天然ものの鮎は、川に入ってから川藻を食べるので、独特の香りがします。これが天然鮎の一番の特徴で、ゆえに“香魚”とも呼ばれます。あと、ヒレの黄色が鮮やかなのが特徴です。

    養殖もの

    養殖ものは天然鮎のような独特の香りはなく、背ビレが短いのが特徴です。この香りが苦手な人からは、養殖の鮎の方が美味しいという声もよくあり、好みによってそれぞれです。

    色味で見分けるポイント

    色というよりは表面のぬめりがポイントです。ぬめりが強い方が、より新鮮であると言われています。

    しかし臭みの原因ともなりますので、調理の際はよく洗ってぬめりをとるようにしましょう。

    形で見分けるポイント

    天然鮎は6月に解禁になり、その頃の小さな鮎は“若アユ”と呼ばれ、8~9月頃は“子持ちアユ”が出回ります。食べ頃はそれぐらいまでで、10月以降の大きな鮎は大味になって美味しくないので買わない方が無難です。

    「これは傷んでいる」と判断するポイント

    表面にぬめりがないものは鮮度が落ちている証拠なので、買わないようにしましょう。

    おわりに

    鮎と言えば、やっぱり塩焼きですよね。川で獲れた新鮮そのものの鮎をその場で塩焼きにして食べられるのは、釣り人の特権だと思います。香りを楽しみながら、じっくり堪能したいものです。

    (photo by 足成)

    このライフレシピを書いた人