1. 料理
    2. ちり鍋のシメに!魚のほぐし身入り卵雑炊の作り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    ちり鍋のシメに!魚のほぐし身入り卵雑炊の作り方

    ちり鍋のシメにおすすめな卵雑炊の作り方を紹介します。

    材料(1人分)

    • ちり鍋の残り
    • ごはん・・・茶碗に軽く1杯
    • 卵・・・1個
    • ポン酢・・・お好みの量
    • 柚子胡椒・・・お好みの量

    作り方(調理時間:10分)

    STEP1:鍋の中の具材をほぐす

    鍋の中に残っている具材を細かくほぐします。

    魚の身を雑炊用に残しておくのがおすすめです。

    STEP2:だし汁を沸かす

    鍋を火にかけてだし汁を沸かします。

    だし汁が少なくなっている場合は、水を足してください。

    STEP3:ごはんを入れる

    だし汁が沸騰したらごはんを入れます。

    だし汁にとろみがついてくるまで弱火~中火で煮込みます。

    STEP4:溶き卵を入れる

    だし汁にとろみがつき沸騰してきたら、溶き卵を全体に流し入れて混ぜます。

    STEP5:味付け

    味見をしながら、ポン酢と柚子胡椒を少しずつ加えます。

    ポン酢と柚子胡椒の量はお好みで調整してください。

    STEP6:完成!

    魚のほぐし身入りの卵雑炊の完成です。

    さいごに

    おいしい雑炊を作るコツは、ちり鍋に入れた魚の身を少し残しておくことです。

    魚のだしが出て、おいしい卵雑炊になります。ぜひお試しください。

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人