\ フォローしてね /

日本人を実感する正月飾りの基礎知識

正月は年神さまを迎える行事

正月行事は平安時代から。正月は新しい年のはじめに、その年の幸せをもたらしてくれる年神さまを家に迎えるという神事的な行事に由来しています。年神さまの来訪力よって家族が元気で幸せな日々をすごせることが約束されるというものでした。

門松、しめ縄、鏡餅などは、全て年神さまを迎えるためのしつらいです。

代表的な正月飾り

門松

門松は、年神さまを迎えるにあたって、降臨(こうりん)した神さまが、道に迷わないように、依りつくもの依代(よりしろ)として、門前に立てます。つまりは、家の目印ですね。

門松には、主に松と竹が使われます。松は冬でも青く生命力があり樹齢も長く、竹はわずか1年で成熟することと素直にまっすぐ育つことから清廉潔白(せいれんけっぱく)に通じるとして、ともにめでたい木とされています。

しめ飾り

年神さまをお迎えする神聖で清浄(せいじょう)な場所を示すものです。同時に、不浄なものの侵入を防ぐ魔除けなります。しめ縄の飾りものは各地でさまざまですが、ダイダイは家が代々繁栄するようになど、すべて縁起物です。

鏡餅

鏡餅は、年神さまへお供えもの。餅を神さまにお供えすることで、その神霊が餅に宿ると信じられています。鏡餅と呼ぶのは、古代に、神さまが宿るとされていた円形の鏡を形どって丸く作られているから。鏡餅に飾る縁起ものには以下があります。

  • ダイダイ(代々、家が栄えるに通じる)
  • 海老(腰が曲がるまでの長寿に通じる)
  • 昆布(よろこぶに通じる)
  • 裏白(裏が白い葉なので潔白な人生に通じる)
  • ゆずり葉(新葉が出るまで古葉が落ちないので家の繁栄に通じる)
  • 柿串(柿は長寿の木で幸せをかき集めるの語呂合わせ)など

おわりに

正月飾りは、稲あってこそ。門松にはワラの俵巻き締め輪がつき、しめ縄はワラをよったものですし、お餅はもちろん餅米が原料です。こんなところからも、私たち農耕民族である日本人が大切にしてきた稲作信仰や精神文化を感じてみてください。

(イラスト by 筆者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。