\ フォローしてね /

「みやび」に触れる―高校古文『伊勢物語』読解のポイント

『伊勢物語』は短編で構成されている作品なので、長編の『源氏物語』などと比べると読みやすい作品だと思います。しかも、男女の恋愛のエピソードが、美しい和歌とその和歌の成立事情によって語られた短編を多く収録しているので、王朝的みやびの世界を勉強するには最適な作品だと言えます。

「みやび」とは、宮廷風・都会風に洗練された美や優雅な振る舞いのことを言います。訳すときには「風雅」や「風流」などと訳したりもします。

作者について

作者は未詳

歌人・在原業平の和歌を多く採録し、『在五中将の日記』などとも呼ばれたことから作者は業平だと思われていたようですが、現在は否定されています。業平と縁がある人が原型を書き、その後書き加えられることによって現在の形にまとまったと考えられます。

在原業平は平城天皇の子・阿保(あぼ)親王の五男で、原家の男で近衛中将だったことから「在五中将」と呼ばれることもあります。

おおまかな内容

歌物語

125段の短編が集まって構成されています。各段は独立し、和歌とその解説にあたる物語がセットになっています。このような物語を「歌物語」と呼びます。

主人公は「在原業平」?

」と呼ばれる主人公の元服から臨終までを描く、一代記風の構成です。業平の和歌が中心に据えられているので、業平が主人公であろうとにおわせてはいますが、断言はしていません。ただ、業平が主人公だと思って読んだ方が楽しめると思います。

「色好み」― 業平伝説がベース

現代では「色好み」などと言うと「女あさりをする男」の意味で非難するときに使われますが、平安時代において「色好み」とは紳士・淑女の嗜みであり、恋愛の情をよく理解した風流人といった意味で使われ、むしろ褒め言葉でした。

平安文化崇拝者であった兼好も『徒然草』の中で「色好みでない者は、美しい盃の底が抜けたようなものだ」と語っています。

主人公にあてはめられる在原業平六歌仙の一人で、美しく優雅で和歌も上手な風流人、平安時代きっての「みやびを(雅び男)」=色男です。

許されない恋もあった

業平には身分的に手を出してはいけない恋のお相手もいました。清和天皇の后・藤原高子(たかいこ)と伊勢斎宮・恬子(やすこ)内親王との話が有名です。4~6段、65段の「女」は高子、69段の「女」は恬子内親王だと言われています。

伊勢斎宮とは伊勢神宮に奉仕した未婚の皇女のことを言います。未婚であることが条件なので、斎宮との恋愛はまさに「禁断の恋」と言えます。69段に伊勢斎宮との恋が書かれており、これが『伊勢物語』の書名の由来とも言われています。

特に藤原高子は清和天皇の女御として入内することが決まっていたにもかかわらず業平と関係をもち、業平の永遠の恋人とも言われています。教科書にも載っている、「男」が「女」を盗み出す「芥川(6段)」と「女」を失った「男」が傷心旅行に出る「東下り(9段)」は高子との恋を語ったものと言われています。

藤原高子は通称・二条の后と呼ばれ、清和天皇との間の皇子が陽成天皇として即位します。関白・藤原基経の同母妹です。

文体

段の多くは「昔、男ありけり。」で書き始められる簡潔な和文体です。また、助動詞「けり」を用いることで登場人物のについての断定を避け、「~たそうだ」という伝聞の物語になっています。

読解のポイント

和歌の心情を読み取る

「歌物語」は、登場人物の細かい説明よりも和歌の詠まれた状況が中心に書かれた物語です。その和歌が詠まれるに至った心情を、物語部分を読むことによってつかみましょう。

おわりに

『伊勢物語』は短編の物語集だとはいえ、『源氏物語』にも多大な影響を与えた作品です。いきなり長編の『源氏物語』を読むよりも、筆者は『伊勢物語』を読むことをお勧めします。『伊勢物語』で「みやび」の世界に触れてから『源氏物語』を読めば、理解は深まると思いますよ。

(image by amanaimages)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。