1. コミュニケーション
    2. アメリカのステーキハウスで役に立つ英語

    暮らしの情報サイトnanapi終了のお知らせ

    2020年8月31日(月)をもってサービスを終了いたします。詳しくはこちらをご確認ください。

    アメリカのステーキハウスで役に立つ英語

    アメリカに旅行したら、やっぱりステーキ食べたいですよね!でも、相手が何て言っているのか分からない、または何と返事をすればいいのかわからないのが不安で、なかなかステーキハウスに行けない人がいると思います。

    アメリカのウィスコンシン州で19年暮らし、アメリカの企業で働いている筆者が、ステーキハウスに行った時に役立つ英文をご紹介します!

    ステーキハウスでよく聞かれる質問

    1. How would you like it done?

    How would you like it done?=焼き加減はどうしますか。

    ステーキを注文すると必ず聞かれる質問です。自分の好みの焼き加減(下記参照)に「Please」をつけて注文しましょう。

    例)Medium rare, please.

    • Rare
    • Medium Rare
    • Medium
    • Well Done

    2. What would like for the side? または、What side would you like?

    What would like for the side? /What side would you like?=副菜は何にしますか?

    レストランによって多少異なりますが、副菜を2、3種類頼めるステーキハウスが数多くあります。メニューを見て、オーダー前に決めておくとスムーズに頼めます。

    メニューにのっているのは、ベイクトポテト、ベイクトスウィートポテト、コーン、グリーンビーンズ、温野菜、ライスなど多彩です。

    下記のように、自分の選んだものの後に「Please」をつけて頼みましょう。

    例 1)Baked potato and green beans, please.

    例 2) Sweet potato and steamed vegetables, please

    ステーキハウスではベイクトスウィートポテトが必ずといっていいほどメニューにありますが、もしオーダーすると、下記のように聞かれると思います。

    Would you like it loaded? = マシュマロや黒砂糖などの甘いトッピングを盛りますか?

    下記のどちらかで答えましょう。

    • Yes, please.
    • No, thank you.

    3. Would you like some more rolls/bread?

    Would you like some more rolls/bread?=パンのおかわりはいかがですか?

    これもレストランによって異なりますが、パンおかわり自由のステーキハウスがほとんどで、パンがトレイからなくなっているのをウエイトレスが気づくと、上記のように聞いてくれます。下記のどちらかで答えるといいですよ。

    • Yes, please.
    • No, thank you.

    おわりに

    アメリカのレストランで出される食事はボリュームがありますが、ステーキのサイズが選べるので、安心して下さい。もし、残った場合は、「May I have a box?」と聞けば、残りを詰めて持ち帰れる入れ物を持ってきてくれますよ。

    よいご旅行ができるよう、祈っております!

    このライフレシピを書いた人