\ フォローしてね /

省スペースがいい!家庭用電話機を選んだポイント

結婚した時は、家庭用電話を持つか持たないか悩みました。夫婦共に携帯電話を持っていて、家の固定電話はそこまで使うかわからなかったからです。ですが、買ってみて思うのは、あるとやはり便利だということです。

筆者が選んだ家庭用電話機を紹介します。

筆者が持っている家庭用電話機について

  • メーカー:シャープ
  • 型番:JD-KS10
  • 価格:10,800円(税込)
  • 購入時期:2010年6月
  • スペック:コンパクトなのに録音機能つき、コードレス

家庭用電話機の選び方

ポイント1:省スペースであること

家庭用電話機は使う頻度もそんなにないと思われたことから、場所をとらないコンパクトなものを希望していました。とにかく省スペースになる機種を探し、FAX機能もないシンプルな電話機を探しました。テレビの横に置けるサイズが気に入っています。

ポイント2:デザイン性が高いこと

コンパクトと言えど、部屋に置いておくと目立つものです。インテリアの邪魔にならないデザイン性が高いものを選びました。

家庭用電話機は携帯電話と違って買い替え頻度も低いので、携帯電話よりも慎重に機種選びをしました。

ポイント3:コードレスタイプのもの

コードがあると電話機のそばで通話をしなくてはいけません。電話しながら部屋を移動したいこともあると考え、コードレスタイプにしました。調べ物をするために移動したり、他の部屋に移動しても話せるコードレスタイプは使ってみても便利さを実感しています。

ポイント4:値段も手ごろなもの

あまり値段が高かったら家庭用電話機は購入しなくてもいいと思っていましたが、この製品は1万円程度で購入できました。FAXつきだったりすると倍以上の値段がする製品もあり、お手ごろ価格で買えたので満足しています。

最後はやっぱり予算です。予算と照らし合わせながら電話機選びをするといいでしょう。

おわりに

最初はなくてもいいと思った家庭用電話機ですが、家にいるときはこちらの電話機メインで利用しています。また、コードレスタイプなので、その後、引越しをして部屋が広くなった時にも使いやすいです。

携帯電話メインで家用電話はあまり使わない人にとってもあると便利なのが家庭用電話機です。コードレス、省スペースをポイントにして選んでみるのもおすすめです。

(photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。