1. 料理
    2. 国内だけで30種類以上!おいしいカレイの見分け方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    国内だけで30種類以上!おいしいカレイの見分け方

    昔学校で、“左ヒラメに右カレイ”と両者の見分け方を教えてもらった記憶がありますが、実は左側に目がついている“左カレイ”もいて、一概には言えないのだそうです。

    今回は、そんなカレイの美味しさを見極めるポイントをご紹介したいと思います。

    産地で見分けるポイント

    カレイは、北は北海道から、南は九州まで広く生息していますが、特に茨城の常磐産のものが有名です。また、大分の日出町の城下(しろした)海岸で獲れるマコガレイは“城下ガレイ”と呼ばれ、高級ブランドになっています。

    種類で見分けるポイント

    ひと口にカレイと言っても、その種類は日本近海だけでも30種類を超えています。種類によって美味しい季節が違うので、季節や種類ごとの美味しい食べ方を勉強するとかなり“カレイ通”になれます。

    刺身にはマコガレイ

    刺身に一番向いているのが、マコガレイです。上述した高級ブランドの城下ガレイも、マコガレイに属します。その他、ホシガレイやイシガレイ、メイタガレイなども刺身向きです。ヒラメの品質が落ちる夏場に特に人気が上がります。

    煮魚にはナメタガレイ

    煮魚にするなら、冬場のナタメガレイが一番です。肉厚の身もさることながら、エンガワのゼラチン質の部分が、煮汁との相性バツグンです。

    干物にはムシガレイ

    ムシガレイの干物は、干物類の中でも最高級品とされています。皮がしっとりとしていて香ばしい香りがあるのが特徴です。

    色味で見分けるポイント

    体表は保護色なのでカレイによってそれぞれで、決め手にはなりません。ポイントは、実は裏側です!裏がなるべく白いものを選ぶようにしましょう。

    切り身の場合は、透明感のあるものを選びましょう。

    形で見分けるポイント

    大きさはあまり重要ではなく、ポイントは“身の厚さ”です。横から見て、なるべく身の厚いものを選ぶようにしましょう。

    「これは傷んでいる」と判断するポイント

    本来白色であるべき裏側が、黒ずんでいたり、黄色っぽくなっていたりするものは傷んでいる証なので選ばない方が無難です。

    おわりに

    いかがでしたか。上記であげたポイントをもとに、良い食材を選んで、美味しいカレイ料理を作っていただけたらと思います。

    (photo by 素材ページ)

    このライフレシピを書いた人