1. 料理
    2. おせち料理の箸休めに!美味しいたたきごぼうの作り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    おせち料理の箸休めに!美味しいたたきごぼうの作り方

    地にしっかり根を張るごぼうは、一家の土台をかため根気を良くするなどの願いを込めて、たたきごぼうとしておせち料理に入れられます。甘いものが多いおせちの中で、酸味のきいたたたきごぼうは、口の中をさっぱりさせてくれる嬉しい存在です。

    今回は、そんなさっぱりとして美味しいたたきごぼうの作り方をご紹介したいと思います。

    準備する材料と道具

    材料(2人分)

    • ごぼう(細い部分):100g
    • すりごま(白):カップ1/4
    • 酢:大さじ3
    • 砂糖:大さじ2
    • だし:カップ1/4
    • 塩:小さじ1/2
    • しょうゆ:大さじ1/2

    道具

    • たわし
    • 包丁
    • まな板
    • ボウル
    • 落しぶた(なければアルミホイルでOK)
    • すりこ木(なければ包丁でOK)

    具体的なつくり方の手順(所要時間の目安:約20分)

    STEP1:ごぼうを洗う

    ごぼうを、たわしを使ってこすり洗いします。表面をこする程度に軽く洗って、皮にふくまれる風味を残すのがポイントです。

    STEP2:ごぼうを切る

    ごぼうを鍋に入る長さにざっくり切ります。

    STEP3:アク抜きをする

    ボウルに水を張って大さじ2ぐらいの酢(分量外)を加え、その中にごぼうを10分ほど漬けて、アク抜きをします。

    STEP4:ごぼうをゆでる準備をする

    アク抜きをしたごぼうを鍋に入れ、米大さじ1(分量外)を加えた水をかぶるぐらいに加えます。米のとぎ汁でもOKです。

    STEP5:ごぼうをゆでる

    落しぶた(もしくはアルミホイル)をし、中火で約10分間火にかけ、好みの硬さにゆでます。

    STEP6:繊維をほぐす

    ごぼうを鍋から取り出して水気を切り、すりこ木(なければ包丁)で軽く叩いて繊維を柔らかくします。

    STEP7:ごぼうの大きさを揃える

    太いごぼうは縦に割り、全部のごぼうが4~5cmの長さになるように切り揃えます。

    STEP8:ごま酢をつくる

    ボウルにすりごま、酢、砂糖、だし、塩、しょうゆを加え、よく混ぜ合わせます。

    STEP9:ごぼうとごま酢を和える

    ごま酢のボウルにごぼうを入れて、よく和えます。

    STEP10:完成!

    器に盛り付けたら完成です。

    キレイに見える盛りつけ方のコツ

    実際たたきごぼうを重箱に詰める場合、同系色のもの(数の子や栗きんとんなど)を隣に並べないことがポイントです。たたきごぼうは汁気がありますので、それをしっかり切ってから詰めるようにしましょう。

    おわりに

    日本では日常的に食べるごぼうですが、世界的に見ると食用にしているのは日本や台湾などアジアの一部の地域だけだそうです。ご馳走が続くお正月にはありがたい存在なので、年始にこそしっかり頂きたいものですね。

    (photo by 筆者)

    このライフレシピを書いた人