\ フォローしてね /

マサバの旬は秋!おいしいサバの見分け方

サバは、イワシやサンマと並んで日本で広く食されている大衆魚の一つです。スーパーなどで買う機会の多い魚だと思いますが、普段どんなところに気を付けて買うようにしていますか。

今回は、そんなサバの美味しさを見極めるポイントをご紹介したいと思います。

旬と産地で見分けるポイント

マサバの旬は、秋の9~10月です。春の産卵後から夏にかけてたっぷりエサを食べるので、秋には脂肪分がかなり増えて身が美味しくなります。

産地

サバは日本各地に生息していますが、特に有名な漁場は神奈川、茨城、静岡、長崎県などで、長崎が漁獲量トップを誇っています。

大分の佐賀関(さがのせき)で獲れるサバは、関サバというブランドで高値で取引されています。

乱獲によって国産サバが減るにともなって、ノルウェー産のサバ(マサバ)をスーパーで見かけることが多くなりました。個人的には国産品を推したいですが、こちらも脂がのっていて美味しいです。

種類で見分けるポイント

マサバ

青緑色の背部に黒色の波型の曲線紋(=サバ紋)が数本あり、腹部は銀白色をしているのが特徴です。夏になると極端に味が落ちるので、夏場は買わないようにしましょう。

ゴマサバ

銀白色の腹部に、多数のゴマのような黒い斑点があるのが特徴です。寒流系のマサバに比べると、暖流系のゴマサバは脂ののりが少なめで、通年味が変わりません。

色味で見分けるポイント

背部のサバ紋がくっきりと鮮やかなものがおススメです。あと、腹部の金色の紋が浮き出ているものを選ぶようにしましょう。

形で見分けるポイント

体ががっしりと太っていて、張りがあるものがおススメです。

「これは傷んでいる」と判断するポイント

眼が澱んで濁っているものや、体表の紋様が不鮮明なものは買わない方が無難です。

サバで注意しなければならないのが、寄生虫のアニサキスです。アニサキスは、塩でも酢でも死滅しない厄介者で、生食の場合は十分注意が必要です。

おわりに

サバは色々な調理方法がありますが、著者が一番好きなのはシメサバです(記事トップの写真参照)。さっぱりした味わいの中に、サバ独特の深い旨みが感じられて、旬に食べると特に美味しいです。

皆さんも旬や選ぶポイントをおさえて、おいしいサバ料理をたくさん味わって下さいね。

(photo by 足成)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。