1. 料理
    2. ワッフル&ホットサンドベーカーで!チョコカスタードタルトの作り方

    ワッフル&ホットサンドベーカーで!チョコカスタードタルトの作り方

    ビタントニオのワッフル&ホットサンドベーカーには、別売でタルトレットプレートが用意されています。それを利用すればカンタンにタルト台を作ることができるからたいへん便利です。

    今回は、ワッフル&ホットサンドベーカーにタルトレットプレートをセットしてタルト台を作り、そのタルト台でチョコカスタードタルトを作ってみました。

    ビタントニオのワッフル&ホットサンドベーカーにはいくつか種類があります。ここでは筆者が使っている「VWH-4000-K」を使用しています。

    材料(タルト台4個分)

    • ホットケーキミックス:100g
    • バター:大さじ2
    • 牛乳:大さじ2.5
    • 板チョコ:1枚
    • 牛乳:300cc
    • 卵:1個
    • グラニュ糖:40g
    • 薄力粉:30g
    • ココアパウダー:15g

    作り方(調理時間:45分)

    STEP1:タルト台用の生地を作る

    湯せんをしてバターを溶かします。

    そこにホットケーキミックスを入れます。

    牛乳を入れます。

    ゴムベラで混ぜます。粉っぽさがなくなりひとつにまとまったらそのまま30分ほど放置します。

    STEP2:牛乳とチョコレートを混ぜる

    電子レンジがOKなボウルに板チョコを割り入れ、そこに牛乳を100cc入れます。

    そのままラップせずに600Wのレンジで1分半温めます。チョコレートが溶けていますので混ぜます。

    チョコレートが混ざったらさらに牛乳200ccを入れて混ぜます。

    STEP3:卵とグラニュ糖を混ぜる

    別のボウル(レンジがOKなもの)に卵とグラニュ糖を入れます。

    泡立て器を利用してよく混ぜます。

    STEP4:小麦粉とココアパウダーを入れる

    小麦粉とココアパウダーを入れます。

    泡立て器でよく混ぜます。

    STEP5:チョコレートミルクを混ぜる

    STEP2で作ったチョコレートミルクを混ぜます。

    一気に混ぜるのではなく、少しずつ入れながら泡立て器で混ぜていきます。

    すべてをキレイに混ぜます。

    STEP6:レンジで温める

    よく混ぜたならラップをせずに600Wのレンジで2分間温めます。

    2分間温めたら泡立て器で全体をよくかき混ぜます。

    よくかき混ぜたらラップをせずに600Wのレンジで1分半温めます。

    1分半温めたら泡立て器で全体をよくかき混ぜます。

    室温や牛乳の種類などによってカスタードクリームができるまでの時間が違います。この後、同じように30秒レンジしてかき混ぜる…というのを何回か繰り返して自分の好みの固さになるまで続けます。

    上記で説明した最初の2回で出来る場合もありますので、ご自分で固さを確認しながらやってみてください。

    カスタードクリームは冷めると固くなりますので、レンジしてかき混ぜた時には、自分が思っているよりも少し柔らかめで止める方がいいでしょう。

    写真のような感じになるまで “レンジで温めかきまぜ” を繰り返してください。

    STEP7:ワッフル&ホットサンドベーカーを予熱する

    ワッフル&ホットサンドベーカーにタルトレットプレートをセットします。

    フタをしてコンセントをさして予熱をはじめます。

    STEP8:タルト台の生地を4等分する

    予熱が完了する頃にちょうど30分ぐらい経ちますのでタルト台の生地を4等分しておきます。

    STEP9:タルト台を焼く

    グリーンのランプが着いたなら予熱が完了したサインです。

    フタを開け、スプーンなどでプレートに生地を置きます。

    生地を置いたらフタをして5分ほど焼きます。

    5分ほど焼いたらフタを開けて確認します。自分の好みの色合いになっていたら取り出します。

    STEP10:タルト台にチョコカスタードを乗せる

    できあがったタルト台がすこし冷めたらチョコレートカスタードを乗せ、できあがりです。そのまま冷蔵庫で1時間ぐらい冷やしていただいてください。チョコカスタードが冷えたらOKです。

    完成

    冷やし終えたら完成です。

    さいごに

    サクサクのタルトが完成しました。ホイップクリームをトッピングしたりすればなお一層おいしくいただけます。

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人