\ フォローしてね /

ロープウエーで簡単アプローチ!谷川岳の威容を楽しむ方法【体験談】

谷川岳の紅葉が素晴らしいことは旅番組から知っていました。

視聴者としての視点ではなく、肉眼カメラでその光景を記憶に収めることにして1泊の旅に出ました。

旅行の概要

2010年10月下旬に新幹線とバスを乗り継いで谷川周辺を友人と二人で旅しました。谷川岳ロープウエーを使ったのんびり旅は、紅葉の時期と相まって思い出深い旅になりました。

旅行の詳細体験記

谷川岳ロープウエーに乗ろう!

写真の土合駅から、ロープウエーに乗り込みました。700m以上の標高を一気に稼ぐロープウエーの労力には感心しきりでした。また、快適な乗り心地でした。

着いた駅はロープウエーの終着駅になっていますが、まだ途中です。無論、ここからでも風景を堪能できますが、さらに標高を高めるためにリフトに乗り換えました。

さらに高みに行けば、多くの岳人の憧れの谷川岳の双耳峰である、トマノ耳とオキノ耳を仰ぎ見ることができます。

水上温泉でゆったり

泊まったのは水上温泉「松乃井」です。水上駅から送迎バスも出ていましたので便利でした。

群馬県という海のない県ですから魚メニューは意外でした。

とりわけ美味しかったのは天然の山ぶどうの食前酒でした。濃い味は味わったことのない食前酒でした。また、季節柄、天然茸や山菜などがふんだんに並んだ夕食も堪能しました。

水上温泉 松乃井の公式サイトはこちら

旅行のよかったところ、イマイチだったところ

よかったところ

ロープウエーとリフト利用だけの簡単アプローチで、こうした景観を見ることができたのは申し分なかったです。紅葉の時期でしたから、山も彩り豊かで最高の思い出ができました。

イマイチだったところ

しかし、その紅葉を見るために多くの観光客が集まり、上りのロープウエーは2時間待ち、下りも90分待ちを余儀なくされたことが少し残念でした。

旅行する人に向けてアドバイス

旅した時期は紅葉でしたから、朝晩は相当の冷え込みになります。また、標高を上げることから、尚更、寒さも厳しくなりますので、防寒対策は万全にすることをお薦めします。

おわりに

谷川岳は「魔の山」と呼ばれます。遭難者数が800人以上を数えますが、その多くは一ノ倉沢でのロッククライミングの滑落です。

その一ノ倉沢にはロープウエー駅から歩いて1時間余で行けますので、代表的な岩場の衝立岩の勇壮さをオプション追加してはいかがでしょうか。

(photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。