\ フォローしてね /

お風呂の排水口のつまりを防ぐ方法

このライフレシピのもくじたたむ

排水口の汚れはどんな家でも悩みの種です。お風呂場で生じる汚れの原因は、シャンプーやリンス、ボディーシャンプー、抜け毛、ふけ、あか、泥砂です。

筆者は週に2回、掃除から次の掃除は等間隔で、排水口が汚れてからなるべく早めに掃除をしています。

その掃除の方法を紹介します。

必要な道具

  • 歯ブラシ
  • 重曹
  • 液体せっけん
  • お酢(市販の掃除用具でも可)

  • 排水口シール
  • 排水口ネット
排水口シール・排水口ネットは100均でも売ってます。排水口ネットは深めのものを選びましょう。

具体的な手順

STEP1:排水口を掃除する

排水口の目皿は使い古しの歯ブラシで掃除します。

  • 「重曹」+「液体せっけん」→ 研磨作用があり汚れをよく落とせます
  • 「重曹」+「お酢」→ 白っぽい汚れ(せっけんかすなど)に有効です

どちらもよく汚れが落とせます。

STEP2:排水口シールを貼る

古い家なので排水口タイプが古いです。排水口にシールを張ります。穴のタイプはいろいろありますが、水が流れれば大丈夫です。

STEP3:排水口ネットをかぶせる

さらにその上から排水口ネットをかぶせておきます。ネットは深さのあるキッチン用のネットが今まで1番効果がありました。というのも、髪の毛などがネットの穴をふさいでしまうからです。深さがあると上部まで穴がふさがることはないため効果的です。

排水口ネットは深めのもので、排水ルートを確保する。

おわりに

水回りは汚れやすく、カビや雑菌が繁殖しやすいです。お風呂の排水口だけでなく、洗面所、洗濯機、キッチンでも同様の対策が有効です。

まずは、つまらせない!、そして、つまる前に取りましょう!

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。