\ フォローしてね /

フライパンひとつで誰でも簡単!カブと鶏肉の角煮風レシピ

煮物の代表格である『角煮』ですが、下ごしらえが面倒でなかなか作る機会がない・・・という方も多いのではないでしょうか。

そんな方にお勧めなのが、手間要らず・油いらずで、誰でも簡単に作ることができる「カブと鶏肉の角煮風」です。『角煮風』としているのは、鶏肉を四角にカットしないから、という理由だけで、味はまさに濃厚ジューシーな角煮そのものです。

それではレシピをご紹介します。

材料(2人分)

  • 鶏モモ肉(唐揚げ用):120g
  • 酒(鶏肉の下ごしらえ用):大さじ1
  • カブ:2個
  • 玉子:2個
  • 長ネギの青い部分:1本分
  • 生姜:1片
  • 日本酒:50ml
  • 醤油:40ml
  • みりん:40 ml
  • 三温糖:大さじ2
  • 水:150ml
日本酒がない場合は焼酎を、それもなければ料理酒で代用してください。
深さのあるフライパンを使うとより作りやすくなります。

作り方(調理時間:60分)

STEP1:材料の下ごしらえ

  • 鶏肉はキッチンペーパーで水分をオフし、酒を振りかけて10分置く。その後再度キッチンペーパーに包んでオフする。
  • カブはさっと水洗いし、皮付きのまま縦に4等分する
  • 生姜は皮つきのまま1mm2mm幅にスライスする

STEP2:鶏肉を焼く

フライパンを強火で熱し、油を引かずに鶏肉を皮目から焼き始めます(2~3分)。焼き目がキツネ色になったら裏返し、同様に焼き目をつけます(2~3分)。

STEP3:フライパンに具材を加える

鶏肉から出た油をキッチンペーパーでふき取り、カブ・玉子・長ネギの青い部分・生姜を加えます。

そこへ水・三温糖・日本酒と、醤油・みりんはともに半量をフライパンへ加えます。落し蓋をして中火に掛け、沸騰するまで約5分ほど加熱します。

STEP4:煮る

沸騰し始めたら火を弱め、玉子と長ネギの青い部分を取り出します。玉子は殻を向き、別の皿に移しておいてください。

再び落し蓋をした状態で、弱めの中火で煮込みます(約20分)。

煮汁が無くなりそうになった場合は、水:日本酒=3:1に合わせたものを加えてください。

STEP5:仕上げ

醤油・みりんの残り半量と、別の皿に移しておいた玉子を加え、同様に落し蓋をして弱めの中火で10分~15分ほど煮込めば完成です。

お好みで和辛子を付けてお召し上がりください。一晩寝かせると更に味が染みて美味しくなります。

上手に作るためのポイント

鶏肉から出た油はしっかりオフ!

STEP3で他の具材を加える前に、鶏肉から出た油をキッチンペーパーでしっかりとふき取ってください。

この工程を怠ると、脂っこく重たい仕上がりになってしまいます。

落し蓋の代用品

うちのキッチンに落し蓋なんてない!という方はクッキングシートやアルミホイルで代用してください。フライパンの大きさに合わせて切り取り、落し蓋と同じように上から被せます。

アルミホイルを使う場合、フライパンを火に掛けると、熱の伝導で大変熱くなります。調理中は直接手で触らないよう注意してください。

さいごに

ご自宅で手軽に作れる角煮風の煮物レシピをご紹介しました。ぜひ一度お試しください。

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。