1. 料理
    2. 自宅でKFC!ケンタッキーフライドチキン風唐揚げの作り方

    暮らしの情報サイトnanapi終了のお知らせ

    2020年8月31日(月)をもってサービスを終了いたします。詳しくはこちらをご確認ください。

    自宅でKFC!ケンタッキーフライドチキン風唐揚げの作り方

    時々無性に食べたくなるケンタッキーフライドチキン。でもお腹いっぱい食べようと思うとちょっとお値段も高くなりますし、骨付き肉は女性やお子さんにはちょっと食べにくいこともあります。

    自宅であの味が再現できたらいいなと思い、教えてもらったレシピをもとに、今回は晩ご飯のおかずにもなる唐揚げをケンタッキーフライドチキン風の味にして作ってみました。

    材料(4人分)

    • 鶏もも肉:2枚

    • 米粉:大さじ4
    • 小麦粉:大さじ4

    バッター液

    • 小麦粉:90g
    • 牛乳:100g
    バッター液とは、フライを作るとき、素材に付ける小麦粉→卵の工程を1つにまとめた液のことです。今回はカロリーを考えて卵を入れませんが、本来は小麦粉、卵、牛乳で作るものです。

    スパイス

    • 塩:小さじ1
    • コンソメ:小さじ1
    • ジンジャーパウダー:小さじ1
    • ガーリックパウダー:小さじ1
    • カレー粉:小さじ1/2
    • パプリカパウダー:小さじ1/2
    • ガラムマサラ:小さじ1/2
    • こしょう:小さじ1/2
    • 山椒:2ふり
    • ナツメグ:小さじ1/2
    • ターメリック:小さじ1/2
    • オールスパイス:小さじ1/2

    作り方(調理時間:30分)

    STEP1:スパイスを混ぜておく

    材料のスパイスをすべて混ぜておきます。

    味が均一になるように、しっかり混ぜておきます。

    STEP2:衣を作る

    米粉と小麦粉を混ぜたところに、混ぜ合わせておいたスパイスを入れて衣を作ります。

    ここでも味が均一になるようにしっかり混ぜておきましょう。

    STEP3:肉を切る

    鶏肉を一口大に切ります。

    今回は鶏もも肉を使いましたが、鶏むね肉や骨付き肉を使うと、よりケンタッキーフライドチキンに近い仕上がりになります。

    STEP4:バッター液を作る

    小麦粉に牛乳を加えてよく混ぜ、バッター液を作ります。

    バッター液とはフライを作るときに素材に付ける小麦粉、卵の工程を1つにまとめたものです。天ぷらの衣よりちょっと濃いぐらいの濃度になるかと思います。

    今回はカロリーを考えて卵を入れずに作りましたが、本来は小麦粉、卵、牛乳で作るものです。卵を入れる場合は小麦粉を100gにして作ってください。

    STEP5:鶏肉に衣を付ける

    鶏肉をバッター液にまんべんなく付け、その後、衣をしっかり付けておきます。

    粉は少し余分についているぐらいのほうが、より衣の食感が楽しめるのでしっかり付けておきましょう。

    STEP6:揚げる

    油を火にかけ、中弱火(約160℃前後)ぐらいで揚げます。

    一度にたくさん入れると温度が下がるので、3〜4個ぐらいずつ揚げていきます。

    2分〜2分半ほど経って表面がうっすら色づいてきたら一度取り出し、3分ほど休ませておきます。

    休ませることで余熱で中まで火が通ります。

    STEP7:二度揚げする

    全部揚げ終わったら、油を中火(180℃前後)ぐらいにし、先ほど揚げた鶏肉を再度油に入れて、二度揚げにします。

    20〜30秒ほどして、こんがり色づいたら、すぐ取り出して油をよく切ってください。

    二度揚げは揚げすぎると焦げますし、肉もかたくなります。こんがりとした色とカリッとした食感をつけるためのものなので、揚げ過ぎないように気をつけましょう。

    STEP8:盛り付けて完成!

    皿に盛り付け、野菜などを添えて完成です。

    さいごに

    ケンタッキーフライドチキンのようなカリッ、サクッとした食感は米粉によって作られますので、米粉は必ず衣に使用してください。

    二度揚げはお肉のジューシー感と衣の食感を楽しむためには必須です。ただ、ちょっと目を離すとすぐ焦げてしまうので、揚げ時間や火加減には注意をしてください。

    スパイスはあくまでも目安です。特に塩分は少し控えめにしてあるので、物足りない場合はお好みで調整してください。

    大きいサイズのむね肉で作ったものをバンズで挟めば、チキンフィレサンドにもなります。いろいろアレンジしてみてください。

    (Photo by 筆者)

    このライフレシピを書いた人