\ フォローしてね /

キッチンで計量カップを使わないで液体や粉物を計る方法

このライフレシピのもくじたたむ

キッチンで計量カップを使わずに、おおよその目安となるものを代用して計る方法をご紹介します。

用意するもの

  • 空のペットボトル
  • コップ

計り方

著者は計量カップで計るまで必要がない、というときによく行っている方法です。

空のペットボトル

著者は飲み終えた空のペットボトル(500ml)を代用します。ペットボトルはよく洗い、乾燥させたもので、著者は必ず1本をキッチンにおいています。

  • 使うとき:水や出し汁などの液体を計る
  • 使い方:満タンで500ml、半分で250mlという目安にする

コップ

著者はあまり使わない小さなコップをキッチンにおき、予めコップに入る量(液体で約100cc、粉物で約120g)を確認して覚えています。ペットボトルより口が広いので、粉物を計るときに重宝します。

  • 使うとき:小麦粉、砂糖などの粉物を計る、水や油などの液体を計る
  • 使い方:満タンで120g、半分で60gという目安のする

注意点

ペットボトルには容量が色々あります。各々の容量で上記のような使い方をすると、おおよその目安になります。

コップの大きさや形は様々ですが、コップの口と底の径が同じもの(寸胴形)を使いましょう。逆三角形のような径が違うものでは、半分の目安が変わってしまいます。

おわりに

いかがでしたでしょうか?身近にあるもので、手軽に計れますので、計量カップを使わない計り方の参考にしてみてください。

(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。