\ フォローしてね /

おいしいヒラメの見分け方

皆さんはヒラメを買うときに、どんなところにポイントをおいていらっしゃいますか?できれば新鮮で美味しいものを選びたいものです。

ここでは著者がポイントにしている、おいしいヒラメの見分け方をご紹介します。

ヒラメのミニ知識

ヒラメの旬は12月~2月頃で「寒ヒラメ」と称される高級魚ですが、3月以降は「猫跨ぎ」と言われて、格段に味が落ちます。漁獲量では青森県、北海道、愛媛県が上位となっているようです。

ヒラメとカレイの見分け方

見分けのひとつに「左ヒラメに右カレイ」と言う言葉があるそうです。お腹を手前にして左に顔があるのがヒラメで、右にあるのがカレイなのだそうです。海外では左カレイもいるようなのですが、なぜか日本だけが「左ヒラメに右カレイ」というそうです。

ヒラメとカレイの違いは口の形で、ヒラメは大きく裂けた感じ、カレイはヒラメより小さなおちょぼ口の感じです。

天然と養殖の見分け方

近年はヒラメの養殖が盛んで、天然ものは高級魚として扱われているようですが、魚体の裏側が白く、斑点などが無いものが天然で、養殖には茶緑色か黒っぽい斑点があります。

近年は天然海域への稚魚の放流が行われるようになり、海で獲れる天然ものにも斑点が見られるそうですが、味は海で生まれ育った天然ものと相違ありません。

よいヒラメを見分けるポイント

ポイント1:魚体

身が厚く、尾びれの根元の肉付きがよいものとされています。重さは2~3kg程度のものがよく、あまり大きなものは大味になってしまいます。また、魚体全体が乾いたような感じは鮮度と味が落ちています。

ポイント2:硬さ

身が硬いほどよいです。柔らかいものは鮮度が落ちているか、脂ののりがよくないもので、味が落ちます。

ポイント3:えら

どんなお魚でも、えらがポイントです。えらがきれいな赤色であれば、鮮度がよい証拠です。なお、えらの上あたりの切り込みが入れてあれば、活〆されたものです。

ポイント4:尾

尾の付け根に切り込みが入れてあるものは、活〆されたものですので、お刺身でいただくと美味しいです。

ポイント5:臭い

鮮度がよくても、お魚には特有の生臭さがあります。ヒラメの臭みは比較的弱い方ですので、臭いがきついものは避けたほうがよいです。

おわりに

いかがでしたでしょうか?著者はお刺身でいただくのが好きで、特にエンガワは大好物です。また、ムニエルや煮物、淡白な白身はフライや天ぷらとの相性がよく、美味しいですよ。

ぜひ参考にして、新鮮で美味しいヒラメを選んでくださいね。

(photo by 素材ページ)

(photo by 素材ページ)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。