\ フォローしてね /

シリコンスチーマーを使った酒蒸しのやり方

シリコンスチーマーを使った酒蒸しのやり方について説明します。

ここではキャベツと豚肉を使って、酒蒸しのやり方を説明します。

酒蒸しとは

材料に軽く塩をして酒を振りかけて蒸す調理法で、酒の風味と材料を柔らかくする効果を利用したものです。

白身魚や貝類、鶏肉などによく用いられる蒸し方で、生臭みをとって酒の風味をつけ、材料の持ち味を活かします。

必要な材料と道具(1人分)

材料

  • キャベツ・・・200グラム
  • 豚肉・・・100グラム
  • 酒・・・30cc
  • 塩・・・小さじ1/4

道具

  • シリコンスチーマー

作り方(調理時間:10分以内)

STEP1:キャベツを切る

キャベツを食べやすい大きさにざく切りにします。

STEP2:シリコンスチーマーに具材を入れて塩を振る

キャベツと豚肉と塩をミルフィーユ状に重ねて入れていきます。

具材によって入れ方はそれぞれです。今回の具材ではミルフィーユ状がおすすめ。

STEP3:電子レンジで温める

具材をすべて入れたら、ふたをして電子レンジで温めます。今回の分量であれば600Wのレンジで5~6分温めます。

STEP4:完成!

具材にしっかり火が通っていれば完成です!

野菜は蒸すことでしんなりと食べやすくなるので、生で食べるよりもたくさん食べられます。

シリコンスチーマーを使う利点

シリコンスチーマーを使えば材料を入れて電子レンジで温めるだけなので、火加減などを気にする手間もなく忙しいときでも作れます。

またシリコンスチーマーであれば、そのまま食卓に出すこともできるので洗い物が減ります。

さいごに

酒や塩の量は、使う具材の種類や量によって調整してください。また、具材と一緒に生姜やにんにく、バターなどを入れて蒸すのもおすすめです。

(Photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。