\ フォローしてね /

フェルトで簡単にドーナツを作る方法

フェルトは扱いがとても簡単なので初心者にも簡単に作れるのが良いですね。

ここでは簡単に作れるフェルトのドーナツを紹介します。

フェルトを始めたきっかけ

小学校の高学年に友達と一緒にフェルトのマスコットを作って交換し合ったのが始まりです。

用意するもの

  • フェルト:白・ブラウン 10cm角
  • 刺繍糸:黄・赤・青・緑 1mくらい
  • はさみ
  • コンパス
  • ペン
  • 綿(適量)
白フェルトをピンクや焦茶色にするとイチゴやチョコレートのドーナツができます。

手順

STEP1:型紙を作る

コンパスを使って直径2.5cmの円と直径7.5cmの円を書きます。

STEP2::はさみで切る

はさみで外側の円のラインに沿って切ります。

半分に山折りして中側の円を切り取ります。

STEP3:フェルトを切る

ブラウンと白のフェルトを重ね、その上に型紙を待ち針で止めます。その後、フェルトを型に沿ってはさみで切ります。

ペンで輪郭をなぞると切りやすいです。

内側に円を切る時は、型紙を切った時と同じように、半分に折って切ります。

STEP4:刺繍糸でデコレーションする

ドーナツのアイシングとなる白のフェルトに、カラフルに刺繍糸でデコレーションします。針を裏側から刺し、手前に引き出します。

引き出したところから3mm離れた所で針を刺します。これを同じように繰り返して1周します。

他の色の刺繍糸で同様に縫うとこんな感じになります。

STEP5:ドーナツの内側を縫い合わせる

上下のフェルトがズレないように待ち針をうってから、内側の円を先に縫います。ブランケットステッチ(または巻きかがり)で縫います。

ブランケットステッチは針を出して糸を掛ける縫い方です。

STEP6:外側を縫い合わせる

全周の1/3くらいを縫い合わせたら、綿を少しずつ詰めます。

割り箸を使って綿を詰めます。その後、少し縫って詰めてを繰り返して仕上げます。

STEP7:完成

これでホワイトのアイシングのドーナツが完成です。

綺麗に仕上げるコツ

型紙通りに丸を綺麗に切り取ること、縫い目をできるだけ同じ大きさに揃えることで、綺麗に仕上がります。

おわりに

いかがでしたか。ここでは簡単にできるフェルトのドーナツの作り方を紹介しました。いろんなドーナツを作ってお子さんとのおままごとに使ってください。

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。