1. 暮らし
    2. 七草粥をいただいて身も心も穏やかになる1月7日、人日の節供の過ごし方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    七草粥をいただいて身も心も穏やかになる1月7日、人日の節供の過ごし方

    1月7日は「人日(じんじつ)の節供」「七草(ななくさ)の節供」と呼ばれ、1年の五節供で最初にあたります。一般的には無病息災を願って七草粥をいただく日、と覚えられていますよね。五節供とは、年に五回、季節毎の食物を神様に供え節日を祝う行事のこと。1月7日の人日(じんじつ)、3月3日の上巳(じょうし)、5月5日の端午(たんご)、7月7日の七夕(しちせき)、9月9日の重陽(ちょうよう)が五つの節句になります。年の始めの節供、心穏やかに過ごす1日の過ごし方をお伝えします
    nanapi
    nanapi
    nanapi
    nanapi
    nanapinanapinanapinanapi

      編集部からのポイント

    • こんな時に

      年末年始の連日の暴飲暴食に疲れた胃袋を、七草粥でいたわってみては?

    • 立ち止まる日に

      いつも見えないものに背中を押されがちの現代人だから、節供という日を上手に使い、慌てずゆっくり1日を過ごす区切りの日に

    • よい年のために

      家族と共に古いしきたりに親しむ機会は今では年に数回のみ。一緒に過ごす限られた時間を大切にする切っ掛けにも

    1月7日は「人日(じんじつ)の節供」「七草(ななくさ)の節供」と呼ばれ、1年の五節供で最初にあたります。一般的には無病息災を願って七草粥をいただく日、と覚えられていますよね。

    五節供とは、年に五回、季節毎の食物を神様に供え節日を祝う行事のこと。1月7日の人日(じんじつ)、3月3日の上巳(じょうし)、5月5日の端午(たんご)、7月7日の七夕(しちせき)、9月9日の重陽(ちょうよう)が五つの節句になります。

    年の始めの節供、心穏やかに過ごす1日の過ごし方をお伝えします。

    古来の習慣を知る

    人日(七草)の節供とは?

    古代中国では、正月の7日を人の日として、吉凶を占い大切にしていたそうです。この日は人に刑罰を与えないようにして、7種類の若菜を入れた粥を食べ、無病息災や立身出世などを願う風習があったそうです。それが日本に伝わり、七草粥を食べる習慣になったと言われています。

    七草の種類は一般的に以下の通りとなっていますが、なぜこの7種類なのかはよく分かっていないようです。また、地域によっても異なるようです。

    • 芹(せり)...芹
    • 薺(なずな)...ペンペングサ
    • 御形(ごぎょう)...ハハコグサ
    • はこべら...ハコベ
    • 仏座(ほとけのざ)...タビラコ
    • 菘(すずな)...蕪(カブ)
    • 須々代(すずしろ)...大根

    七草粥をいただく

    古来の習慣に慣い、今年も家族が健康で過ごせますようにという願いを込めて。また、年末はクリスマスや忘年会、お正月はお屠蘇におせちやオードブルと、いささか酷使した胃や腸への負担をお粥でちょっと癒してあげるという思いも重ねて、七草粥をいただくのはどうでしょうか。最近では季節になるとスーパーで七草をセットしたものが売られていますし、マルシェなどでは七草の鉢植えなど見ても楽しく食べても嬉しいものも売られています。

    この日は人に刑罰を与えないという習しもありますので、食器を落として壊したとか、飲み物や食べ物をこぼして汚したなど、家族のちょっとしたことは叱らないようにするのも良いことかもしれません。

    古来の習慣に癒やされる

    七草粥は、何か際だった特徴のある味こそありませんが、食後胃もたれせず、優しい満腹感と温まった身体は気持ちさえ癒やしてくれそうです。

    また、ちょっとしたことで叱らないことを意識しているせいか、穏やかな1日を過ごすことができるでしょう。

    節供の過ごし方

    七草粥でお腹を癒すばかりではなく、今年の夢や目標を話し合う家族のだんらんの日、ゆっくりと湯槽につかったり、お気に入りの音楽を心ゆくまで鑑賞する癒しの日など、各家庭で工夫してみることもよいと思います。

    年の始めの優しいしきたり

    古来の習慣を愛でて、1年の初めの節供を楽しく過ごし、よい年にしたいものですね。

    (image by PIXTA 1 2 3 4)
    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人