\ フォローしてね /

レトロなライカを使おう!フィルムカメラの選び方

「ライカは欲しいがとにかく高い!」ライカは高級カメラの代名詞とも言える代物ですから、一般の人はなかなか手を出せないですよね。

ところが実は、中古品で古いタイプのライカならそうでもないのです。もしフィルムカメラを趣味として始めるなら、ライカも選択肢のうちに入れても良いかもしれません。

ライカ Ⅲf

ご覧の通り、とても古い形をしたカメラです。ですが、ちゃんと動きます。昔のカメラといえども作りがしっかりしているため、中古品でも全く問題なく使用できます。

値段は4万ぐらいでした。レンズは旧ソ連のモノらしく、1,000円で購入できました。

カメラ選び

レトロなカメラが欲しくなり探していたところ、銀座の中古カメラ店で見つけました。中古カメラは質も値段もピンキリで、状態の悪いものから良いもの、値段も安いものから手の出ないような値段のものまで沢山ありました。

その中でも、ちゃんと動いて、値段も普通のカメラぐらいのものでたどり着いたのが、このライカⅢfでした。もっと値段の安い別の中古カメラもあり迷いましたが、ライカがこの値段で持てるならと思い、これに決めました。

中古ライカの場合、値段が高いものは、実用性というより状態が良く、希少性が高いもののようです。

レンズは新宿の中古カメラ屋で購入しました。レトロっぽい写真が撮りたかったのと、ライカでお金を使ってしまったということもあって、できるだけ安いものを買いました。

選んだ理由

とにかくおしゃれ

一眼レフのようにゴツゴツしておらず、またレンズも短いものが多いため、首から掛けたときに胸のところでかっこよく決まります。デザイン的にも見た目的にも、カメラの中でおしゃれ度は群を抜いていると思います。

ポケットに入るコンパクトさ

実はこのライカに付けるレンズは「沈胴式」といって、レンズの胴体がカメラの中に収まります。すると、少し大きめのポケットなら、すっと入ってしまうのです。その持ち運びやすさにも惹かれました。

ライカにしては安価

ライカⅢfは、おそらく中古ライカの中で最も安く手に入れられるライカでしょう。しかし、コレクションではなくバリバリ使用するなら、このレベルのものがちょうど良いと思います。

購入のアドバイス

ライカⅢfは昔のカメラで遊びたい人にはピッタリのものです。もちろん使いやすさは今のデジカメには到底及びませんが、趣味として昔のカメラを楽しむのならおすすめです。

また、このカメラはもちろんすべて中古品なので、値段も状態も個体によって変わります。その中でも自分の条件に合うものを選びましょう。

中古カメラを買う際は、不良品でないかよく確かめて買いましょう。購入の際は、初期不良が見つかっても修理してくれるようなアフターサービスがしっかりした店を選びましょう。

(photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。