\ フォローしてね /

知っておきたい!玄関のデザイン

玄関は、その家の印象を左右する大切な場所です。

ここでは玄関のデザインについてご説明します。

本記事は、OZONE家designのご協力により、2013年に執筆されたものです。

家の表情をつくる

住まい全体に統一感を持たせる

玄関ポーチのデザインは、本でいえば表紙にあたる重要な部分です。

建物全体のイメージを漂わせ、ポイントとなるデザインにすることが大切です。

ポーチの階段、庇、ドアの3点がイメージを形作りますが、デザインスタイルや素材、色調などに統一性をもたせると、自然な調和が生まれます。

高低差をデザインに

公領域である道路から、門をくぐり、アプローチを通ってたどりつく玄関ポーチは、私的な領域への第一歩となります。

この動作の過程で、入ってくる人は段階的に心の準傭をしてくるわけですが、心の変化を効果的に演出するのが、高低差です。

階段などの段差は、視線の高さを変えることによって、心理的な変化をうながします。

アプローチやポーチに、階段を上手に取り入れてみましょう。

玄関ドアの選び方

家の個性を表現する

家の内外と接点となる玄関は「家の顔」といわれますが、なかでも第一印象を決める大きな要素が玄関ドアです。

全体のイメージとのコーディネートはもとより、デザインのポイントとなるので、個性を表現した、その家らしいドアを選んでください。

外観・インテリアと玄関ドア

玄関ドアは、外観やインテリアとコーディネートすることによって、住まいの表情がさらに豊かになります。

外観や内装デザインとの調和、すなわち、住まいのトータルコーディネートを考えることが大切です。

玄関ドアの防犯性

古い住宅では玄関ドアのカギ破り(ピッキング)による被害が発生していました。

最近の商品ではこのあたりの対策も施されているので、設計の段階でチェックしてください。

おわりに

ここでは、玄関のデザインについてご説明しました。

思わず友達を招きたくなるような、素敵な玄関の住まいにしたいですね。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。