1. 暮らし
    2. 【住まいづくりの基礎知識】キッチンの考え方

    暮らしの情報サイトnanapi終了のお知らせ

    2020年8月31日(月)をもってサービスを終了いたします。詳しくはこちらをご確認ください。

    【住まいづくりの基礎知識】キッチンの考え方

    かつては北側に配置されることの多かったキッチンですが、ダイニング・リビングと オープンにつながったキッチンが増えるにつれて、キッチンは、家族のコミュニケーションスペースとしての機能をもつようになりました。

    理想のキッチンづくりには、家族のライフスタイルを反映させた、自由な発想が不可欠です。

    リビングなど他の部屋とのつながりを考えることで、わが家流のキッチンスタイルが見えてきます。

    ここでは、住まいづくりでおさえておきたい、キッチンの考え方についてご説明します。

    本記事は、OZONE家designのご協力により、2013年に執筆されたものです。

    キッチンのプラン

    キッチンのプランには、大きく分けて次の3種類があります。

    オープン型キッチン

    キッチンとダイニング、リビングを仕切らず、オープンにつないだタイプです。

    料理をしながらでも、家族やお客さんとの会話が楽しめる、コミュニケーション重視のキッチンです。

    スペースの節約にもなりますが、キッチン回りはすべて見えてしまうので、収納の仕方に工夫が必要です。

    セミオープン型キッチン

    キッチンとダイニング・リビングとの境が、半分から3分の1ほどオープンになっています。

    お客さんに対して適度の目隠しになるため「散らかったキッチンを見せるのはちょっと気になる」という方にも人気があります。

    開放感あるオープン型と機能重視の独立型、両方の長所を取り合わせたキッチンです。

    クローズ型キッチン

    ほかの部屋から完全に独立させたキッチンです。

    においや煙が広がらないので、本格的な料理に取り組みたい人向きです。

    キッチンにいる人が孤立してしまい閉鎖的、というイメージがありますが、取り外しのきく間仕切りなどを付ければ、必要に応じてオープンにすることもできます。

    キッチンのレイアウト

    動線について

    使い勝手のよいキッチンの条件に、作業の効率がよい=動線の短いキッチンであることがあげられます。

    冷蔵庫・シンク・コンロを上手に配置することで、無駄な動作を少なくし、快適なキッチンをつくることができます。

    レイアウト

    キッチンの基本的なレイアウトは以下の6つです。

    Ⅰ列型

    キッチンセットを一列に並べたレイアウトです。

    調理中の動きも直線ですみますが、ラインが長すぎると動線も長くなり、かえって作業効率が悪くなってしまいます。

    コンパクトキッチン向きです。

    Ⅱ列型

    コンパクトなスペースで、作業面積・収納を多くとれるレイアウトです。

    キッチンセットの並べ方を工夫すると、機能性がアップします。

    2列の間の間隔は、調理する人数に応じて決めるとよいでしょう。

    L型

    比較的単純なレイアウトです。直角3角形のような動線になります。

    コーナー部分を活かすと、調理スペースもたっぷりとれますが、カウンター下などをデッドスペースにしないような収納の工夫も必要です。

    食器棚の位置などは、事前に確保しましょう。

    U型

    一般的にはスペースが必要ですが、U字の真ん中の部分は、90~120cm程度の適度な狭さの方が、動線を短縮できます。

    シンクの前にカウンターを据えてオープンにすると、家事をしながらでもコミュニケーションが図れるようになります。

    アイランド型

    中央にキッチンセットの島をつくります。

    I型やL型キッチンと組み合わせ、レンジやサブシンクをアイランド型にするケースも多くなっています。

    多人数でにぎやかにお料理を楽しみたい家庭向きです。

    ペニンシュラ型

    L型、U型の一部が半島のように突き出したレイアウトです。

    オープン型キッチンに向いています。

    半島の部分は内側にシンク、外側にオープンカウンターを据え、対面式にします。

    おわりに

    ここでは、キッチンの考え方についてご説明しました。

    キッチンについて理解を深め、家族がより一層楽しく団欒できる空間を目指していきましょう。

    (image by amanaimages)
    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人