1. コミュニケーション
    2. TOEICリスニングの点数を半年で310点→490点に上げた勉強法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    TOEICリスニングの点数を半年で310点→490点に上げた勉強法

    大学4年で初めてTOEICを受けた時のリスニングの点数は310点でした。それから半年後、再度TOEICを受けた時には点数は490点まで180点まで上がりました。

    今回はその時に実際に使った方法や参考書を簡単に紹介します。英語に悩む方の役に立つことを祈って。

    基本的な勉強方法

    • とにかくたくさん聞く
    • 10%ぐらいの時間はちゃんと理解出来るように努力する
    • 残りの90%の時間は流し聞きする
    • 海外ドラマを利用する
    • あまりかちっとやることを決めない

    実際に使った教材や勉強方法

    外に居る間はPodcast

    自転車で大学に通学する際や、電車にのっている際、大学内で一人の時はPodcastを聞くようにしました。その際も基本的には本を読んだり、大学のレポートを書いたりしていて基本は流し聞き、たまにちゃんと聞くという感じでした。

    PodcastはBBCやCNN、Grammar Girlなどを利用していました。

    家に居る間はBBC Radio

    家にいる間は、何をしているときでも常にBBC Radioを流していまいた。Podcastと同じく基本的には流し聞きです。

    毎日1〜2エピソード海外ドラマを見る

    この時は、海外ドラマのFriendsのDVDを購入して見ていました。

    基本的には最初の3回ほどは英語字幕、その後は字幕ありで見るようにしていましたが、上にある通りそこまでかちっと決めないで最初から字幕なしで見たり、日本語字幕で見たりもしてました。

    TOEFL IPT TESTリスニング完全攻略を使う

    学習開始の3ヶ月後から参考書を使ってリスニングを勉強し始めました。こちらも基本は流し聞きで、一日30分はちゃんと問題を解くというやり方を取りました。

    TOEIC公式問題集を2回ずつ繰り返す(受験日直前の2週間ほど)

    受験直前は朝早起きして毎日1回分TOEICの問題を解くようにしました。ただこの時には既に毎回リスニングは満点近い点数が出るようになっていました。

    TOEICテスト新公式問題集 (Vol.1)

    国際ビジネスコミュニケーション協会

    www.amazon.co.jp

    使う教材の選び方のコツ

    これらは以前の話なので、使いたい教材や海外ドラマなどは違ってくるでしょうし、また今はスマートフォンでも勉強ができるのでそっちを使う方もいると思います。

    自分で教材を選ぶ方に伝えたいコツは下記の一点です。

    自分のレベルよりも数ランク高めのものを選ぶ。

    僕の場合は、TOEIC用のリスニング教材は全く使わないこと、Podcastもネイティブ向けの物を選び、English as a Second/Foreing Languageのためのものは選ばないようにしました。

    最初はTOEFLリスニングもPodcastも何を言っているか全く分からなかったのですが、大量に流し聞きすることで少しずつ聞き取れる量が増えました。

    結果として、TOEICレベルのリスニングはものすごく遅く聞こえるようになり、ほぼ完全に文章を把握出来るようになりました。

    是非、リスニング教材は自分のレベルより高めのものを選んでください。

    いつか必ず聞こえてきます

    以上で、僕のリスニング勉強法の紹介は終わりです。

    TOEICの勉強法などは検索するとたくさん出てくるのですが、ほとんどがストイックな内容です。それらと比べると、僕のやり方は気軽に続けられると思うので、良かったら参考に頂ければと思います。

    (image by PIXTA 1 2 3 4)

    このライフレシピを書いた人