\ フォローしてね /

笹がなくても飾れる!キラキラ光る「流れ星短冊」の作り方

流れ星の輝きが消える前に願い事をすると叶うという話を聞いたことがありませんか?本当に叶うといいなという思いも込めて、今回は流れ星の形をした短冊の作り方をご紹介します。

「普通の短冊では満足できない!」「笹がないから工夫して飾りたい」と思っている人にぴったりです。お子さんと一緒にぜひつくってみてくださいね。

用意するもの(2枚分)

  • 折り紙:4枚(金1枚、銀1枚、薄めの色のもの2枚)
  • 厚めの紙:1枚
  • モール:2本
  • ハサミ
  • のり
  • セロハンテープ
  • 鉛筆

流れ星短冊の作り方

STEP1:下書きをする

台紙となる紙に本体部分の形を描きます。

STEP2:切り抜く

下書きした線の上をハサミでなぞりながら切り抜きます。

STEP3:貼り付ける

折り紙の裏面に台紙をのりで貼り付けます。

STEP4:周りを切る

台紙からはみ出た部分をハサミで切ります。

STEP5:星を描く

金と銀の折り紙に星を描きます。

光沢折り紙の性質上、線のあとがつきやすいので、力を入れないようにします。

STEP6:切り抜いて貼る

星の形を切り抜いて、本体部分に貼り付けます。

STEP7:モールを貼り付ける

笹に付けるためのモールを短冊の裏面にセロハンテープで貼り付けたら完成です。

キレイに飾り付けるポイント

今回はモール使用しているので、好きな箇所に巻きつけるだけで飾り付けることができます。同じ高さの場所に飾る時にモールの長さを変えると、隣の短冊との位置に差をつけられます。

また、鉛筆などにモールを巻きつけてバネのように形作ったり、いくつかのモールを組み合わせて鎖飾りのようにすると、動きがでて華やかにもなります。

おわりに

今回は流れ星の形を活かすため、横向きの短冊にしています。なので、横書きの外国語にも対応できますよ。

ご紹介したのは、ピンクと水色の2色の短冊のみでしたが、大人数で色数を増やせば色鮮やかな笹飾りができると思います。ぜひ、あなたの願い事を流れ星に託してみてくださいね!

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。