1. 雑学
    2. 似たようでちょっと違う?「元旦」と「元日」の覚え方

    暮らしの情報サイトnanapi終了のお知らせ

    2020年8月31日(月)をもってサービスを終了いたします。詳しくはこちらをご確認ください。

    似たようでちょっと違う?「元旦」と「元日」の覚え方

    何となく使っている日本語ですが、大人になると正してくれる人がいなくなります。

    間違えて使い続けるのは恥ずかしいので、自分で気付いたときに直すだけでなく、覚えてしまいましょう!

    間違えやすい「元旦」と「元日」

    • 元旦

    • 元日

    年賀状を準備するとき、どう違うんだろうと悩みませんか?

    ここでは違いと覚え方をお伝えします。

    区別する方法

    • 元旦とは・・・1月1日の朝のこと。
    • 元日とは・・・1月1日のこと。

    最近はこの区別をできる人が少ないようです。

    年賀状は「元旦」が一般的ですが、最近は「元日」として出す人も多いようです。

    いずれも1月1日を指すので、「1月元旦」「1月元日」は間違いです。

    覚え方

    元旦の「」という字を”イラスト”として見てください。

    地平線から日が昇るように見えませんか?

    下側の「一」が地平線、上側の「日」が太陽です。

    「旦」という字は、まさに「夜明け、朝」という意味があるのです。

    このイメージから、元旦は1月1日の夜明け、つまり朝を指すのだと覚えられます。

    元日は「1年のはじまりの」として覚えましょう。

    おわりに

    漢字だけで覚えようとするとなかなか覚えられませんが、イラストとして捉えれば、見たときのイメージですぐに判断がつきます。

    使い分けができれば、目上の方にも「ちゃんとわかってるな」と思ってもらえるでしょう。

    (photo by amanaimages)

    このライフレシピを書いた人