1. 趣味
    2. 登山用ダウンシュラフのメンテナンス方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    登山用ダウンシュラフのメンテナンス方法

    ダウンシュラフがちょっと臭ってきたんだけど。って洗っていいの?使用後はどうするのがベストなの?洗いたいけどどうやって洗えばいいの?と思った経験はありませんか?

    ダウンシュラフは高価な物ですし、間違ったメンテナンスをするのは怖いですもんね。こちらでは、ダウンシュラフのメンテナンス方法をご紹介します。

    著者が使用しているシュラフ

    著者が愛用しているのはナンガ製のダウンシュラフです。登山する人達にとっては誰もが知るメーカーですね。

    ダウンシュラフのメンテナンス方法

    登山後のメンテナンス

    • 固く絞った布で汚れを拭き取る
    • 穴が開いていないか隅々まで確認する
    • ドローコードの絞り具合や留め具の状態を確認する
    • 風通しの良い所で陰干しを行う

    以上は、著者が毎回登山後に必ず行うメンテナンスです。

    収納の仕方

    陰干し後は、風通しが良く、湿度が高くならない場所で保管するようにしましょう。

    収納袋は窮屈すぎない収納袋に収納しましょう。

    湿度は臭いやカビの原因になります。夏場、特に梅雨時期は気をつけましょう。

    臭いや汚れが酷いときの洗い方

    臭くなったり汚れが酷い時は、臆病にならずに洗っちゃいましょう。

    • 1:シュラフをクルクルと巻きます。
    • 2:巻いた状態で、洗濯ネットの中へ入れます。
    • 3:そのまま洗濯機へ。
    • 4:洗濯機の一番優しいモードを選択します。著者の使用洗濯機では、毛布洗いモードを使用しています。
    • 5:脱水は、著者の場合は手で絞るようにしています。
    • 6:完全に乾ききるまで陰干しをします。
    • 7:完全に乾けば中のダウンを均等にほぐします。

    以上がダウンシュラフの洗い方となります。

    洗剤を使用する場合は、ダウンシュラフ専用の洗剤を使用するようにしましょう。
    完全乾燥させないとカビの原因になりますので注意しましょう。

    おわりに

    以上が著者のダウンシュラフのメンテナンス方法となります。

    シュラフは、きちんとメンテナンスをすれば長く愛用できます。面倒と思うかもしれませんが、登山後のメンテナンスは最低限行うようにしましょう。

    少しでも参考になればと思います。

    (photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人