\ フォローしてね /

「たながのる」を覚えよう!中学国語「連体詞」のポイント

「連体詞」とは、漢字の通り「体言に連なる品詞」です。実はかなり見分けがつきやすい品詞なのですが、ちょっと紛らわしい所があるので苦手な人も多いようです。

では早速問題です。

1:きれいな
2:大きな
3:小さい
4:こうする
5:この

このうち、「連体詞」はどれでしょう。すぐ答えられましたか?

見分け方を覚えれば、悩む事なく判別がつきます。それでは「連体詞」の特徴と見分け方を見ていきましょう。

「連体詞」の特徴

ポイント1:必ず「体言」を修飾する

「主に」ではありません。「必ず」です。常に体言を修飾します文法に付きものの「例外」はありません。

ポイント2: 「た(だ)・な・が・の・る」で終わる

連体詞には、最後が「~た(だ)・な・が・の・る」で終わるという特徴があります。例を見てみましょう。

大した度胸 ・小さな店 ・わが故郷 ・その人 ・あらゆる手段

太字が連体詞です。全て体言を修飾していますね。連体詞は「たながのる」。これをしっかり覚えましょう。

ポイント3: 活用はしない

連体詞は、副詞と同じように活用はしません。この特徴は形容詞や形容動詞と見分ける際のポイントになります。

他の品詞との見分け方

連体詞と間違われやすいのが、形容詞・形容動詞・副詞です。それぞれに見分け方がありますので、順番に見ていきましょう。

形容詞との見分け方

A:大きい家  B:大きな

A・Bどちらが連体詞でしょう。どちらも体言を修飾しています。

ポイント2に照らしてみると、Bは「大き」と、「な」で終わっていますね。よって連体詞は「B:大きな」です。「A:大きい」は、「い」で終わっています。言い切りの形が「~い」となるのは形容詞ですね。

「大きな」も「大きい」と活用できそうな気がしますが、形容詞の活用形に「~な」という形はありません。「~い」は形容詞と覚えましょう。

形容動詞との見分け方

A:きれいな人  B:小さな

どちらも体言を修飾し、「な」で終わっていますね。この場合は「だ」と言い換えられるかを考えます。すると、

A:きれいだ  B:小さだ

となります。「小さだ」という言い方はありませんね。ポイント3であったように、連体詞は活用しません。よって「B:小さな」が連体詞です。

言い切りの形が「だ」となるのは形容動詞です。「きれいな」は形容動詞の連体形ですね。「な」と「だ」を言い換えられたら形容動詞です。

とんだ災難」のように、一部「だ」で終わる連体詞があります。ですが、「とんだ」を「とんな」と言い換えはできませんね。連体詞は活用しないという事をおさえましょう。

副詞との見分け方

A:その本を取って。 B:そうしなさい。

どちらもいわゆる「こそあど言葉」ですね。それぞれ見てみると、

  • A:「体言を修飾している」「終わりがである」
  • B:「用言を修飾している」

となりますから、「A:その」が連体詞です。

ではこちらはどうでしょう。

C:ずっと前  

「ずっと」が修飾しているのは「前」という体言です。活用もしません。しかし「たながのる」の原則に当てはまりませんね。ですからこれは「体言を修飾する、副詞の例外的用法」です。

「連体詞」まとめ

以上のポイントと見分け方をふまえ、最初の問題を見てみましょう。

1:きれいな花→「きれいだ」と言い換えられるので形容動詞
2:大きな車→連体詞
3:小さい人→「い」で終わっているので形容詞
4:こうする→用言を修飾しているので副詞
5:この本→連体詞

この通り、2と5が正解となります。

連体詞の覚えておくべきポイントをまとめると、

  • 必ず体言を修飾する
  • 「たながのる」で終わる
  • 活用はしない

この3つが全てです。この原則に当てはめれば、必ず他の品詞と見分けがつきます。しっかり覚えて下さいね。

(photo by amanaimages)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。