1. 暮らし
    2. 最近よく見る「仲介手数料無料!!」その仕組みについて

    暮らしの情報サイトnanapi終了のお知らせ

    2020年8月31日(月)をもってサービスを終了いたします。詳しくはこちらをご確認ください。

    最近よく見る「仲介手数料無料!!」その仕組みについて

    スーモ、HOME'S、CHINTAI...などの賃貸サイトのCMが目立つこの季節。その中でも、「仲介手数料無料!」を掲げている不動産会社をよく見かけます。「仲介手数料無料」は借主にとってはありがたいのですが、そもそもどんな仕組みになっているのかについてご説明していきます。

    そもそも「仲介手数料」ってなに??

    そもそも、仲介手数料とは何なのでしょうか?

    「仲介手数料」とは不動産会社が媒介などによって不動産の取引をしたときに、不動産会社に呈して支払う報酬のこと。

    仲介手数料については、宅地建物取引業法上、賃貸の契約であれば仲介業者が受領できる仲介手数料の限度額は家賃の一ヶ月分とされています。

    この手数料を大家さん(賃貸人)と借主(賃借人)双方から半分(0.5ヶ月分)ずつ受領しても良いし、どちらか片方から1ヶ月分を受領しても良いという宅地建物取引業法を前提としているものとなります。

    仲介手数料無料のカラクリ

    仲介手数料を無料にするために、不動産会社は多くの工夫を重ねています。

    例えば、

    • インターネットを活用して広告宣伝費用を抑える!!
    • お客様にメリットを出してリピートや口コミを狙う!!

    などです。

    さらに、もう一つの仲介手数料を無料にできるカラクリは「貸主から仲介手数料を貰う」という仕組みです。(こちらの要因が一番大きいです。)

    つまり、借主から貰っていた仲介手数料を大家さんに対して請求する事で、借主側の仲介手数料を無料にすることができているのです。

    仲介手数料無料のデメリットってあるの??

    仲介手数料が無料になると、冒頭に書いたように借主にとって大きなメリットとなります。しかし、仲介手数料無料によるデメリットはあるのでしょうか?

    一番のデメリットは、「紹介できる物件に限りがある」ということです。

    不動産会社は基本的に流通している物件であれば、どの物件でも紹介する事ができます。(沖縄の不動産会社が北海道の物件を紹介する事も可能です。)

    しかし、大家さんが仲介手数料を払ってくれる物件には数限りがあります。(大家さんにとっても、できれば仲介手数料は払いたくないですから。)

    そのことが、A社では取り扱っていても、仲介手数料無料を掲げているB社では取り扱わないことになり、紹介できる物件に制限が出てきてしまいます。

    まとめ

    仲介手数料無料のメリット・デメリットをまとめると、

    【メリット】
    初期費用が浮くことで、その分違うところにお金をかける事ができる!!

    【デメリット】
    紹介できる物件に制限がある。

    だと言えます。仲介手数料無料で契約できると意外と、契約の際の初期費用を大きく削減することができます。

    特に不動産会社に思い入れやこだわりが無いのであれば、「仲介手数料無料」を掲げているところに相談や問い合わせをしてみるのが賢い借り方かなと思います。

    このライフレシピを書いた人
    このライフレシピに関係するタグ