\ フォローしてね /

汁まで全部食べきれるみぞれ鍋のシメ!卵とすりごま入り雑炊の作り方

大根おろしがたっぷり入ったみぞれ鍋のだし汁。せっかくなら汁まできれいに食べきりたいですよね。

ここでは、だし汁まできれいに食べきれる、みぞれ鍋のシメ「卵とすりごま入り雑炊」の作り方をご紹介します。

材料(1人分)

  • みぞれ鍋の残りのだし汁・・・200cc以上
  • ごはん・・・茶碗1杯分
  • 卵・・・1個
  • すりごま・・・大さじ1
  • ねぎ・・・10センチくらい
だし汁が薄いようであれば、白だしなどを入れて調味してください。

作り方(調理時間:5分)

STEP1:ねぎを切る

ねぎを1~2ミリ幅の小口切りにします。

STEP2:鍋のだし汁を沸かす

みぞれ鍋のだし汁を沸騰するまで沸かします。

STEP3:ごはんを入れる

だし汁が沸騰したらごはんを入れ、全体にとろみがつくまで中火で2~3分煮込みます。

STEP4:溶き卵を入れる

とろみがついてきたら、中火のまま溶き卵を流し入れかき混ぜます。1分くらい煮込んだら火を止めます。

STEP5:すりごまを加える

火を止めたら、すりごまを加えて混ぜます。

STEP6:ねぎを乗せて完成!

きざんだねぎを乗せたら完成です。

さいごに

卵でまろやかになり、すりごまで香ばしさがでて、みぞれ鍋のさっぱりした感じとは一味違った味わいの雑炊になります。

雑炊であれば、みぞれ鍋の大根おろしも無駄なくきれいに食べきれるので、おすすめです。

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。