\ フォローしてね /

安全と快適性は譲れない!トレッキングシューズを選ぶポイント4選

トレッキングシューズとは山歩きをする為の靴ですが、普段街で履いている靴とはどう違うかはご存知ですか?

ここでは、筆者がやっているトレッキングシューズの選び方をご紹介します。ぜひ、ご参考にしてください。

トレッキングシューズとは

山歩きでの安全と快適を守ってくれる

山歩きの中では、街とは違う様々な状況があります。例えば、岩場、大小の石ばかりのガレ場やぬかるみであったりと、簡単に色々な状況が挙げられます。

そういった状況の中を安全・快適に歩けるように作られた靴がトレッキングシューズです。

トレッキングシューズの種類と特徴

ローカットシューズ

ローカットは足首の部分が踝までの高さのシューズです。スニーカーとほぼ変わりなく歩けるので歩きやすさはありますが、足首が保護されていない為、捻挫など、足を挫く不安が出てきます。

よく整備された道であればこのタイプでOKです!

ハイカットシューズ

足首の部分が踝が完全に隠れる高さのシューズです。ハイカットは本格的な岩場や、積雪がある登山道を歩く時によく使用されます。

ソールの固い物が多く、保温性や足首の保護性は抜群ですが、反面歩きにくさが出てきます。

本格的な岩場や、積雪がある登山道を歩く時におすすめです。

ミドルカットシューズ

ローカットとハイカットの中間に位置し、歩きやすさと保護性を両立するシューズです。

ローカットかハイカットか、迷ったらこちらを使いましょう。

素材について

革製

革製は防水性に優れ堅牢ですが、重量が重く足に馴染むまでは歩きにくい等のデメリットもあります。

使い込んでいくと革ならではの味が出てきます。

布製

防水性と堅牢性では革製に劣りますが、歩きやすさで言うと断然布製の方が歩きやすく、足に馴染むのも早いです。

ソールの固さ

ソールとは靴の裏、地に付く所の部分を言います。ソールにはそれぞれ柔らかめから固めまで、様々な物があります。

  • 荷物が軽ければ柔らかめ
  • 荷物が重ければ固め

上記がソールを選ぶ時の基準です。

柔らかければ歩行性がよく固ければ歩行性が悪くはなりますが、重い荷物を背負った時の負担を軽くしてくれます。

トレッキングシューズを選ぶポイント

1: どのような登山スタイルか

日帰りなのか、小屋やテント等に泊まるのかどうかで決めます。

日帰りだとミドルカットのトレッキングシューズを選べばいいです。日帰りではザックの重量も重くはないですし、歩きやすさと保護性があるものを選べば問題ありません。

逆に泊まりだとハイカットもしくはミドルカットで、ソールが固めの物を選びましょう。ソールが固い事によって、重量のあるザック(テントや小屋泊)を背負っていても歩きやすさを保てるようになります。

2: どのような登山道が多いか

よく整備されていて舗装されているような登山道であればローカットで大丈夫ですが、舗装されていなければ、落ち葉やぬかるみで足場が悪くなりますのでミドルカット以上の物を選びましょう。

3: 季節

春・夏場はローカットでもいいですが、登山道の様子も含めて考慮した方がいいでしょう。

秋・冬場は防寒対策も兼ねて、ミドルカット以上を選ぶようにしましょう。

4: フィッティング

次にフィッティングに関してですが、まず自分の足を両足計測しましょう。足の大きさは左右少しずつ違いますので、計測し大きい足に合わせてフィッティングします。

フィッティングの際は厚めの靴下を履き、靴のかかと側に指一本分の隙間があればジャストサイズと言われています。

実際に購入する場合は必ず登山用品店で購入しましょう。フィッティングしないで通販などで購入するのはお勧めできません。

シューズが小さいと靴擦れ・足の爪の変形や巻き爪の原因になり、シューズが大きいと捻挫などの可能性が高くなります。

筆者のおすすめトレッキングシューズ

おすすめとなると、やはり自分にフィットするシューズということになります。

トレッキングシューズは筆者にフィットするからといって万人にフィットする訳ではありませんので、「これ」というモデルが挙げれないのです。

あえていうと、「ゴロー」というブランドがありますが、このブランドは個人の足に合わせてシューズを作ってくれるブランドなので誰にでもおすすめできます。

ちなみに筆者は好んで革製を使用しています。履き込んでいくうちに、味が出て「相棒」という雰囲気感が出るのが大好きです。

筆者のトレッキングブーツを使用した感想

写真のシューズはザンバランというメーカーの靴になりますが、かれこれ7年程使用しています。

これだけ長期に使うと愛着も湧き、登山中だけでなく登山後のメンテナンスも楽しく行うことができます。実際の登山中でも、足をくじきそうになった時に守ってくれたりと頼もしい存在です。

おわりに

トレッキングシューズはメンテナンスをきちんとすれば長く愛用することが可能です。

色々なシューズをフィッティングし自分に合う一足に出会えれば、存分に履き倒して下さい。きっといい「相棒」になってくれますよ。

トレッキングは足が命なので、妥協せず選ぶようにしましょう!

(photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。