\ フォローしてね /

輪ゴムとトランプの合わせ技マジック!ジャンピングカードのやり方

皆さんは、輪ゴムを使ったマジックや、トランプを使ったマジックがあることは知っていますよね?しかし、輪ゴムとトランプの両方を使ったマジックはあまり見たことがないはずです。

そこで、今回はその2つを使ったマジックをご紹介します。

用意するもの

  • トランプ:1組
  • 輪ゴム:1つ

実践、ジャンピングカード!

STEP1:カードを選んでもらう

まず、誰かにカードを一枚選んでもらいます。今回は、スペードのエースを選んでもらったことにします。

STEP2:カードの誘導

次に選んでもらったカードを、ボトムコントロールします。

ボトムコントロールとは、あるカードをカードの裏を上にしたときに1番下になるところに故意に持ってくるマジックの技法です。

ボトムチェックの詳しいやり方は記事の後半でご説明します。

STEP3:輪ゴムをかける

次に、スペードのエース以外のカードに輪ゴムをつけます。

STEP4:カードを分ける

次に、輪ゴムがかかっているカードを2つに分けます。

下から見ると、こんな感じです。

STEP5:カードで挟む

次に、右側の束を左側の束の下に持ってきます。つまり、スペードのエースをカードの束で挟みます。

横から見ると画像のようになります。緑の線が輪ゴムで、オレンジの線がスペードのエースです。

カードは、力を込めて持ってください。

STEP6:カードをジャンプさせる!

最後に手の力を緩めれば、輪ゴムの力でカードが飛び出してきます!!

見破られないコツ

このマジックは、いかに、相手の選んだカードに輪ゴムがかかっていないかをばれないようにするかが見破られないコツとなります。少しでも力を抜くとすぐにカードが飛び出てくるので気を付けてください。

ボトムコントロールのやり方

STEP1:狙っているカードが分かるように空間を作る

狙っているカード(今回の場合はエース)を束(デック)の間に挟み、カードの下に相手からは見えないように空間を作って維持します。

STEP2:束(デック)に分けて

持っている束(デック)を下から3つに分けます。(このとき、自分から見て左側のデックはエースより下にあったカードをそのまま置き、真ん中と右側のデックは、エースとエースより上にあったカードを2つに分けておいてください。

つまり、この状態で、エースが真ん中のデックの一番下にあるということです)そして、これを上から左、右、真ん中の順にとっていくと、一番下にエースがきます。

動画サイトで「ボトムコントロール 解説」と検索するとやり方の解説が出てくるので宜しければ参考にしてください。

おわりに

何度も練習して、ご家族やお友達を驚かせてくださいね!

(photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。