\ フォローしてね /

盛り上がる!忘年会で使える簡単な宴会芸3選

忘年会で何かひとつでも宴会芸を持っていると、それなりの「武器」になります。決して難しい芸ではなく、至極簡単にできる芸ですので、会得することをお勧めします。

用意するもの

  • スプーン2本
  • ストローの袋
  • 座布団

これだけです!

宴会芸3選

1.スプーンを使った芸

スプーンを2本を使って両目に斜め上から当てて「ウルトラマン!」と叫びます。斜め下から当てれば、「仮面ライダー」にもなります。

2.ストローの袋を使った出し物

ストローが入ってるストロー袋を取ると、左右どちらかに寄ってしなしなに縮んだ状態になっています。その上に水滴を少しを掛けると芋虫みたいにうねうねと動出します。

3.座布団を使った芸

座布団は和室での会場向けです。座布団を指の上に乗せて回します。指の力がないと回せないかも知れませんが、

下敷きを指の上で回す時の感覚で肩を使って回しますと意外とできるものです。

盛り上げるポイント

「ウルトラマン」は一度、顔を下にして、その間に準備して「ウルトラマン!」と叫ぶのがコツです。「ストロー袋」は大人数ではできませんが、最初にやると宴席が円滑になりおます。

「座布団」は失敗しても良いように広い場所が必要です。また、テーブルに座布団が飛ばないように注意しましょう。

実際にやってみて

「ウルトラマン!」は、通常、小さなスプーンを使いますが、カレーライスを食べる時の大き目のスプーンを使いました。目が大きくなりますので、盛り上がり効果も大きくなったような気がします。

ストロー袋はその対象ものが小さくて見えにくいですが、体が触れ合うことで奇妙なスキンシップが生まれました。

座布団は一朝一夕ではできません。しかし、ある人が「学生時代にやったボールペンを回す感覚でやればいいいよ」と言いましたが、「大きさ自体が違うだろ」のやり返しがあって結構楽しめました。皆が何とか回しそうと懸命でした。

おわりに

簡単な宴会芸だと思いますので、ひとつでも習得しておきますと宴席での「武器」になるでしょう。これらはテレビでお笑い芸人がやっていたことから、ヒントを得たものですので馴染感があると思います。是非、参考にしてください。

(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。