\ フォローしてね /

ワイシャツ・ブラウスをパリっとシワなく真っ白に洗う方法

ワイシャツやブラウスはパリっとしわのない清潔感のある真っ白なものを着用したいですね。

そこで今回は、筆者の経験をもとに「ワイシャツ・ブラウスをパリっとシワなく真っ白に洗う方法」をご紹介します。

用意するもの

  • 洗濯物
  • えり、そで用洗剤
  • 洗濯用洗剤

洗い方の具体的な手順

STEP1:えりの汚れに直接塗る

真っ白に洗い上げたいときには、まず部分汚れを落とすことが大切だと思います。特にえりなどは、黒ずみなどが残り、汚れが落ちにくくなっています。

洗濯機に入れる前に、まず直接汚れに塗ることで、洗剤がより密着し、汚れが落ちやすくなります。

衣類はできるだけ平らな場所に広げ、しっかり汚れに密着するように丁寧に塗ると、汚れが落ちやすくなります。

STEP2:そでの汚れにも直接塗る

えりと同様に、そでの黒ずみにも丁寧に塗っていきましょう。

袖口は特に汚れが付いていることが多いです。

STEP3:洗濯機に入れる

水をはる前に、洗濯機に入れます。普通に洗っていいときには標準コースで洗いましょう。

最近の洗濯洗剤は、真っ白に洗い上げてくれる効果があるものが多く、特にこれと限定しなくても、どれでも大丈夫かと思いますが、筆者は液体洗剤を使っています。

液体洗剤は、粉のように洗剤が残ったりせずしっかり溶けて洗ってくれるので選んでいます。

直接洗剤を塗った後、汚れ部分に洗剤が馴染むよう、えり、そで部分を揉むとよりきれいになります。
塗ってからしばらくそのまま置いておき、洗剤と汚れを馴染ませてから洗濯機に入れるとさらに効果的です。

STEP4:ハンガーにかけて干す

写真のように、ハンガーにかけて干します。しっかりとしわを伸ばし、めくれているところがないようにしましょう。

干すときがしわを伸ばすチャンスです。以下の場所を気をつけて伸ばしましょう。
  • シャツ全体…シャツの方の部分を持ち、パンパンと振り曲がった部分がないようにきれいに広げる。
  • 襟、袖…両端を両手でしっかりと持ち、左右に数回引っ張る

ハンガーにかけた後も、しわが気になる部分は両手で挟むように叩いたり、手でアイロンのように挟んで伸ばしたりするときれいになります。

また前はボタンをとめず、せんたくばさみなどで軽く閉じる程度にしておくと、通気性がよく早く乾くと思います。
それでもしわが気になる部分は、やはりアイロン掛けをおすすめします。

気をつけるべきこと

汚れが気になるからといって、あまり擦りすぎると生地を傷めてしまいますので、ソフトタッチで塗るようにしましょう。

また、しわを伸ばすときには力を入れすぎると生地が傷みますので、適度な力加減で行うようにしましょう。

おわりに

少し面倒ですが、えり、洗い方、干し方をするだけで仕上がりが全く違い、きれいに洗い上げてくれます。

大切な衣類を守るためにも、上手に洗濯したいものですね。

(photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。