1. 料理
    2. 簡単にできる!ピクニックで大人数のお弁当を効率的に作るコツ

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    簡単にできる!ピクニックで大人数のお弁当を効率的に作るコツ

    はじめに

    「お弁当」はピクニックの楽しみのひとつです。しかし、どんな料理でも大人数になると作る側は大変ですよね。そこで、著者なりの大人数分のお弁当を効率的に作るコツをご紹介します。

    大人数のお弁当を効率的に作るコツ

    冷凍食品を活用する

    定番の鶏のから揚げや、入っていると嬉しい煮物系のおかずは、冷凍食品を使います。

    たくさんの種類の冷凍食品が売られていますが、どれも手作りのような味と見た目で、十分美味しくいただけます。

    なんと言っても「チンするだけ!」更に、量が多くなれば、業務用などのたくさん入っているものを購入するようになりますが、やはり大量買いのほうが割安になります。

    卵焼きよりゆで卵

    卵焼きもお弁当の定番ですが、ゆで卵のほうが用意する手間は省けます。茹でたら殻を剥き、タッパーやお弁当箱に詰めるだけで簡単です。

    それだけでは芸がない…という場合は、100均でも様々な種類の塩が販売されています。こんな種類もあるんだと話のネタにもなります。

    保冷材代わりの冷凍食品

    著者の定番は「枝豆」と「一口ゼリー」です。茹でて塩味が付いている枝豆が冷凍で販売されていますが、それを保冷材として袋ごと使います。

    一口ゼリーも、一晩冷凍庫に入れておけば、朝には凍っていますので、容器のまま保冷材として使えます。

    クーラーや保冷バックに、意外と重い保冷材を入れていくと、帰りもそのまま持ち帰らなければなりません。

    しかし、冷凍食品を保冷材として使えば、お昼にはちょうど良く解凍されていて食べごろです。帰りは空のゴミだけ持ち帰るだけです。

    おわりに

    簡単に用意できるお弁当レシピばかりですので、機会があったら是非お試し下さい!

    (image by amanaimages)

    このライフレシピを書いた人