\ フォローしてね /

沖縄のコアな観光スポット!「ガンガラーの谷」での体験談

沖縄には観光する場所がたくさんあります。美ら海水族館に国際通り、首里城などちょっと考えただけですぐに思いつきますよね。「ガンガラーの谷」はその中でもちょっとコアな観光スポットです。

今回は、そのガンガラーの谷へ行った時の体験をご紹介します。

筆者の沖縄県旅行の詳細

主人と平成24年3月4日~7日の4日間、沖縄旅行へ行きました。宿は国際通りのビジネスホテルに泊まりました。

主な観光した場所は、首里城や美ら海水族館、古宇利大橋です。タクシーを2日間チャーターして3万円でした。

ガンガラーの谷の詳細

行き方

那覇空港から車で30分程度の場所です。おきなわワールドの前にあります。

見どころ

自然にあふれていて、見どころはその南国のような世界です。

予約方法と料金

前日までの電話予約が必要です。料金は一人2000円です。

目の前のおきなわワールドには有名な「王泉洞」というところの入場チケットは1200円ですが、ガンガラーの谷で「ガンガラーの谷&王泉洞&おきなわワールド入場券」のセットで3000円のものがあり、筆者はそれにしました。

マナーや注意点

1キロくらい歩くので履きなれた靴が良いです。山道程の高低差はありませんが、アスファルトではないので、ヒールだと厳しいと思います。

虫がいるので、肌を露出しない方が良いでしょう。夏でも涼しいので、羽織るものを持っていくことをおすすめします。
道中にトイレはありませんので、済ませておくことをおすすめします。

ガンガラーの谷の良いところ、イマイチなところ

良いところ

さんぴん茶を水筒にいれて持たせてくれるのが良かったです。これが冷たくておいしいです。またツアーなので、ガイドさんが説明をたくさんしてくれます。

イマイチなところ

イマイチなところとしては、

  • 集合場所の「ケイブカフェ」が洞窟なので上から水滴が落ちてくる
  • ツアーなので、興味がある場所をじっくりとは見れない

といったことがあります。

ガンガラーの谷に行く方へのアドバイス

自然が多い場所なので、山歩きをするような感覚で行った方が良いと思います。小さな子どもは抱っこが良いでしょう。川の横を通るルートなので、マイナスイオンをたくさん浴びることができます。

おわりに

ガンガラー谷は観光地としての沖縄ではなく、沖縄の自然を体感できる、とても素敵な場所です。筆者の知人も何人もここを訪れていますが、みんなそろって「素敵だった」と言います。沖縄旅行の際にはぜひ行程に入れてみてください。

(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。