1. 料理
    2. さやえんどうの上手な下処理方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    さやえんどうの上手な下処理方法

    さやえんどうは和食の彩りには欠かせない食材ですね。著者の家庭でも、さやえんどうはさまざまな料理の彩りに大活躍してくれています。

    そんなさやえんどうを上手に下処理する方法をご紹介します。

    用意するもの

    • お湯
    • 塩:ひとつまみ

    処理方法

    STEP1:筋を取る

    さやえんどうの枝をポキッと折り、先端に向かって筋をとり、反対側は枝に向かい筋を取ります。

    見栄えが悪くならないよう、先端はなるべく少しだけつまむようにしましょう。

    STEP2:下茹でをする

    なべに熱湯をわかし、沸騰したらさやえんどうをいれ、すぐに塩を一つまみ、鍋に入れます。

    強火で50秒~1分程度茹でればOKです。

    STEP3:料理の用途に応じてカットして盛り付け

    後は斜めに切っても、細切りにしても良いです。もちろんそのままの形で使うのも良いですね。料理の用途に応じて調理して下さい。

    使える料理

    シンプルにマヨネーズをつけて食べるのも美味しいですが、卵とじや、肉じゃがなどに入れても美味しいと思います。

    おわりに

    ご紹介した方法は著者がいつも実践している方法です。皆様の参考になれば嬉しいです。

    料理は見た目も大事ですので、是非さやえんどうを使ってお料理を華やかに演出してください。

    (photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人