1. 暮らし
    2. 洗濯物干し用ハンガーの収納方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    洗濯物干し用ハンガーの収納方法

    洗濯物干し用のハンガーみなさんはどのように収納されていますか?収納に困ってしまうので、洗濯ものを取りこんだらそのまま物干し竿にかけておく方も多いのではないでしょうか?

    この記事では著者が洗濯物干し用のハンガーをどのように収納しているのかをご紹介します。

    準備するもの

    つっぱり棚

    洗濯機の上がつっぱり棚をつけられるほどの空間になっているため、洗濯機の上につっぱり棚を設置しています。

    洗濯物干し用のハンガーの収納方法

    つっぱり棚の下に付いているポールに洗濯物干し用のハンガーをかけておくだけです。簡単に収納できてしまいます。

    つっぱり棚の上には洗濯用洗剤であったり、タオルもバスケットに入れてしまっておくことができます。洗濯機の上の空間を利用することができるので大変便利です。

    さらに著者は、洗濯機の上の収納スペースを隠すためにつっぱりポールにカーテンをつけて隠しています。

    洗濯物干し用のハンガー収納のポイント

    すっきり収納するために、同じ形のハンガーなど、ハンガーの種類ごとまとめてかけることをおすすめします。同じ種類のハンガーごと収納するとすっきりとキレイに見えますよ。

    洗濯物干し用ハンガーの収納についての注意点

    ピンチハンガーは、ぎゅうぎゅうになるように収納しないようにしましょう。洗濯バサミ同士が絡まってしまい取りだすのが大変になることがあります。

    おわりに

    つっぱり棚1つで簡単にキレイに収納できてしまいます。洗濯機上などの、利用していない空間を利用し、洗濯物干し用のハンガーを簡単にキレイに収納してみませんか?

    (photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人