\ フォローしてね /

中学・理科二分野「宇宙の広がり」の学び方

今回は、銀河系の種類について学びます。

いろんな銀河

ここでは、どのような銀河があるのかについて学びます。

銀河の定義は皆さん知っていますか?銀河とは、星の集まりのことです。

銀河は、約1000億個の星でできています。私たちの住んでいる太陽系は「天の川銀河」といいます。

天の川銀河の他にも

  • M31銀河(アンドロメダ銀河)
  • M74銀河(Face on 銀河)
  • MGC4564銀河(Edge-on 銀河)
  • M87銀河(楕円銀河)

などがあります。

実は、ウルトラマンAの第14話(?)では「M87星雲」と劇中で言われていたらしいのですが、これは誤りでウルトラマンの故郷はM78星雲だそうです。

実際にM87星雲は存在せず、オリオン座の散光星雲がM78として存在しています。

銀河群

ここでは、銀河群とは何かについて学びます。

銀河群とは、数百万光年程度の宇宙空間に、数個から10個程度の明るい銀河が集まって群をなしているもののことです。

我々が住む太陽系もアンドロメダ銀河と一緒に局部銀河群を構成しています。

局部銀河群とは、銀河系周辺において、直径約500万光年の範囲の銀河が作っているグループのことです。

銀河団・超銀河団

ここでは、銀河団・超銀河団とはなにかについて学びます。

銀河団

多数の銀河が互いの重力でまとまっている大規模な集団のことを銀河団と言います。

超銀河団

宇宙において、銀河群や銀河団が集まって、1億光年以上の広がりをもつものを超銀河団と言います。

階層構造

ここでは、階層構造とはなにかについて学びます。

宇宙の階層構造は、住所みたいなものです。たとえば、日本国神奈川県川崎市・・・という住所と同じです。

地球を例とすると、このような住所になります。

局部超銀河団ー局部銀河団ー天の川銀河ー太陽系ー第3惑星

これで、地球を表すことになります。他にも、火星などを表したいのであれば

宇宙ー超銀河団ー銀河団・銀河群ー銀河ー星系

の順に当てはめれば表すことができます。

このように、宇宙にはたくさんの構造があります。局部超銀河団から始まり最後は何系の何番惑星という形で終わります。階層構造は、このような形のことを指しているのです。

おわりに

ぜひ覚えてくださいね!

(image by amanaimages)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。