\ フォローしてね /

長野県北部の伝統食!にらせんべいの作り方

このライフレシピのもくじたたむ

筆者は長野県北部の生まれで、春~秋にかけてよく作ってもらった料理があります。それは、ニラと卵のはいった“にらせんべい”です。30年経っても、親に焼いてもらう味がだいすきです。

道具

  • フライパン
  • ボール(混ぜ物ができるようなもの、鍋でも可)
  • さいばし
  • フライ返し
  • 盛り付け皿

材料(4~6人分)

  • にら(市販の束1個)…100g
  • 小麦粉…100g
  • 卵…2個
  • 味噌…大さじ2
  • 砂糖…大さじ2
  • 水(牛乳でも可)…180cc(カップ1)

作り方

STEP1:ニラをカットする

ニラを2cmにカットします。

STEP2:ニラに小麦粉をまぶす

ニラをボールに入れ、小麦粉をまぶします。

STEP3:水・卵・砂糖・味噌を混ぜる

水・卵・砂糖・味噌をSTEP1のボールに入れ、合わせてしまいます。

STEP4:フライパンを熱しておく

フライパンに油を入れ、熱します。

STEP5:生地を入れて加熱する

よく油が馴染んだら、一旦弱火にし、生地を入れて、中火で焼いていきます。

STEP6:完成

中火で5~10分両面よく焼いたら出来上がりです!大フライパン(26センチ)ですと、2枚程焼くことができます。

作り方のコツ

火の取り扱いには、注意してください。薄くおせんべいのように焼いていくことがコツです。

こだわりのポイントとしては、水は若干少なめで、卵多めがポイントです。中はふんわり、外はサクサクに焼きあがります。

おわりに

北部地方のなかでも、味噌の人もいれば、醤油をかけるタイプの人も居るようです。おやつや、軽食にピッタリなので、是非お試しください。韓国の辛くないチヂミ的な感じで召し上がってください。田舎の味です。

Twitterで紹介!

(image by 筆者)
(image by nanapi編集部)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。