1. 暮らし
    2. 効率よく部屋を暖める方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    効率よく部屋を暖める方法

    これからの寒い季節を快適に過ごすには、効率よく部屋を暖める必要があります。そのためにはほんのちょっとの工夫が必要です。

    工夫なんて言葉を使うと難しいものを想像してしまうかもしれません。しかし、その工夫は実は意外と簡単な方法で十分なんです。

    その工夫とは、ストーブのような暖房器具の置く位置をちょっと変えるというただそれだけです。

    暖房器具の置き場所を工夫する

    暖房器具は窓の下に

    効率的に部屋を暖めるには、暖房器具の設置場所が重要です。設置場所1つで部屋の暖まり方が大幅に変わります。

    ストーブのような暖房器具を部屋の窓下に置くようにしましょう。要は、冷たい空気の入ってくる場所の傍に置いておけば良いのです。それだけであっという間に部屋全体が暖かくなります。

    また、この工夫はにも応用が効きます。夏の場合はストーブを扇風機に変えるだけです。窓を開けて傍に扇風機を置いておきましょう。

    それ以外の場所だとなかなか部屋全体を暖めるのは難しいです。ただ、この設置場所の工夫には注意点があります。

    ストーブや扇風機は窓際に

    気をつけること

    燃えやすいものを傍におかない

    窓際に暖房器具を置くと、確かに部屋は暖かくなります。しかし、この時近くに燃えやすいものを置かないように気をつけましょう。

    そんなこと言われるまでもない、と思う人も多いと思いますが、例えば窓にかけられているカーテンなどに注意が必要です。

    また、寒い日はどうしても暖房器具の傍で寝てしまいがちです。この場合も服や体にかけているものが危険な要素になります。

    どうしても暖房器具の傍で寝たいときは、タイマーの設定をしておいたり一定の距離をおいて寝たりするくらいはしておきましょう。

    定期的に換気を

    暖房器具をひたすら運転状態にし、部屋の窓を閉め切っているのは非常に危険です。寒いと感じても定期的に空気の入れ替えを行うようにしましょう。

    換気を行う場合には窓を二箇所空けとくと効率が良いです。

    火のトラブルの危険性は最小限に

    おわりに

    今回紹介した設置場所の工夫はとても簡単な割には効果は大きいです。
    ただし、くれぐれも火事にはご注意ください。

    (image by 足成)

    このライフレシピを書いた人