\ フォローしてね /

洗濯もつけ置きもオッケー!な酸素系漂白剤の使い方2つ

筆者宅では、なんでも口に入れてしまう子どもと最近加齢臭が気になり始めた旦那のために、洗濯の際には必ず酸素系漂白剤を使っています。

この記事では酸素系漂白剤の基本的な使い方をご紹介します。

用意するもの

  • 酸素系漂白剤
  • 衣類用洗剤(必要であれば柔軟剤も)
  • 洗濯したい衣類

使用量の量り方

使用する酸素系漂白剤のパッケージに表示されている使用量に従います。キャップ部分が計量カップになっているので、こちらを使って計量しましょう。

筆者が使用している粉末洗剤には下記のように表示されていました。

  • 水30L→20ml(キャップ1/2杯)
  • 水60L→40ml(キャップ1杯)
この記事では60Lの水を使用するため、キャップ1杯分を使います。

漂白剤を入れるタイミング

漂白剤は衣類用洗剤と同じ場所、同じタイミングで入れます。筆者は衣類用洗剤を入れたあとに漂白剤を入れるようにしています。

酸素系漂白剤を使って洗濯する方法

STEP1:洗濯物を入れる

洗濯機に洗濯物を入れます。

筆者宅では洗濯するときにお風呂の残り湯を使用するため、この記事ではあらかじめ洗濯機に水が入っています。

STEP2:洗剤を入れ、続けて漂白剤を入れる

衣類用洗剤を入れ、続けて酸素系漂白剤を入れます。

お好みで、この後に柔軟剤を入れます。
柔軟剤の使用方法はこちらの記事でチェックしてみてください。[柔軟剤の使い方]

STEP3:スタートボタンを押す

洗濯機のフタを閉め、スタートボタンを押します。これで完了です。

酸素系漂白剤を使ってつけ置きする方法

STEP1:洗面器につけ置きしたい衣類と水を入れる

洗面器につけ置きしたい衣類と水を入れます。

STEP2:酸素系漂白剤を入れ、30分程度放置する

酸素系漂白剤を入れ、30分ほど放置します。30分経ったら、つけておいた衣類をじゅうぶんにすすぐほか、洗濯機にそのまま入れてほかの衣類と一緒に洗います。これで完了です。

注意点

色落ちしそうなものは避ける

酸素系漂白剤は、塩素系漂白剤より漂白力が弱いです。しかし、だからといって色物すべてに使えるわけではありません。衣類ごとに洗濯表示を確認するほか「これは色落ちしそうだなぁ」と思うものの使用は避けるようにしましょう。

こぼしたらしっかり拭きとる

洗面台など、漂白剤がこぼれてしまったらしっかり拭き取るようにしましょう。筆者は過去に漂白剤をこぼしてしまい、十分に拭き取らなかったために洗面台を傷めてしまったことがあります。

調子に乗って入れ過ぎない

塩素系漂白剤よりも漂白力は落ちるとはいえ、やはり漂白剤です。表示されている使用量より多いと、いつもなら大丈夫なはずの衣類でも色落ちしてしまうことがあります。使用量は守るようにしましょう。

筆者は若かりしころ、この失敗をやってしまいました…。「これくらい多めに入れても大丈夫!」と過信しすぎないほうがいいと思います!

おわりに

塩素系漂白剤よりも使い勝手がいいので、筆者宅では非常に重宝しています。

ただし、頑固な汚れはやはり落ちにくいかなぁとも思います。塩素系とあわせて、うまく使いこなしてみてくださいね。

(Photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。