\ フォローしてね /

冷凍の「王将の餃子」をお店っぽく焼く方法

餃子の王将の冷凍餃子をいただきました。この餃子、とてもおいしいのですが、箱の裏に書かれている方法ではなかなかお店のようにパリッと仕上がりません。が、以前テレビで放送していた餃子の焼き方を真似るとうまくいくようになりました。

ここでは、テレビの方法をアレンジして著者が実践している方法をご紹介します。

用意するもの

  • 冷凍餃子
  • サラダ油 大さじ1+大さじ1/2
  • 熱湯 適量(焼き方STEP2参照)

焼き方の手順

STEP1:フライパンに油をひく

フライパンに大さじ1杯のサラダ油をひき、のばします。

STEP2:餃子を並べる

餃子を全部並べます。

この時同時にやかんなどでお湯を沸かしておきます。

まだ火はつけないで下さい。

STEP3:熱湯をいれる

フライパンの底から1cmくらいまで熱湯を入れます。餃子の高さの半分くらいが目安です。熱湯を入れたら蓋をします。

この手順が終わるまで火はつけません。

STEP4:点火

ここで火をつけ、一気に強火にします。

水がほぼなくなるまで熱し続けます。目安は4分ほどです。

火力は8目盛りのIHヒーターなら6が目安です。

STEP5:仕上げ

水がほぼ無くなったら蓋を開け、大さじ1/2杯のサラダ油を餃子の周りにたらし焼き色をつけます。

完成!

底に焼き色がついたら出来上がりです。

ポイント

油の量

油の量ははじめ、フライパンに薄く塗る程度で構いません。水がなくなってから素早く足しましょう。

火を付けるタイミングと火力

火をつけるタイミングは、餃子と熱湯を入れ、蓋を閉めてからです。火は変わらず強火で最後まで焼きます。

餃子がはがれにくい時

餃子がはがれにくい場合は、フライパンの底をぬれ雑巾で冷やすと取れやすくなります。

おわりに

いかがでしょうか。なかなか上手に冷凍餃子が焼けなかった著者も、この方法にしてから王将のようなパリパリの餃子が焼けるようになりました。是非試してみて下さい。

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。