\ フォローしてね /

乾燥を防ぐ!長芋の保存方法

長芋は中途半端に使い残すことがありがちです。

そこで、長芋を長持ちさせたいときの保存方法をご紹介します。

用意するもの

  • 長芋
  • ペーパタオル
  • ラップ
  • 輪ゴム

長芋の保存方法について

STEP1:切り口をペーパタオルで覆う

ペーパータオルを濡らして切り口を覆います。

切り口以外は乾燥していても構いません。

STEP2:輪ゴムで止める

ペーパータオルを輪ゴムで止めます。

STEP3:反対側も同様にする

反対側にも切り口があれば、同様に処理します。

切っていなければそのままでもかまいません。

STEP4:ラップをする

全体にラップをして野菜室に保存します。

10日以内程度で使いきって下さい。

おわりに

中途半端に使い残した長芋を長持ちさせたいときの保存方法をご紹介しました。特に長芋は切り口から乾燥して劣化しますので、乾燥を防ぐ工夫をしてみました。お試し下さい。

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。