\ フォローしてね /

甘みが増す!さつまいもの素蒸しのやり方

今回は、さつまいもを使った「素蒸し」のやり方をご紹介します。

素蒸しとは

素蒸しとは食材に味付けなどをせず、そのまま蒸すことです。さつまいも、かぼちゃ、なすなど野菜に用いられることが多い蒸し方です。

用意するもの

  • 蒸し器
  • 蒸す食材(今回はさつまいも)

素蒸しのやり方

STEP1:蒸し器に水を入れる

蒸し器に水を入れます。

水の量は蒸している最中に空焚きにならない程度の量があればOKです。鍋の大きさや蒸し時間によってもかわりますが、鍋の底から3センチくらいの水があれば大丈夫だと思います。

STEP2:中敷きをセットする

中敷きをセットし、さつまいもを乗せます。

STEP3:蒸す

ふたをして、蒸し器の中の水が沸騰するまで強火にかけます。沸騰したら火を弱火にして20分以上蒸します。

さつまいもの場合は水の状態から蒸し始めた方が甘みが増すといわれているので沸騰前に鍋に入れましたが、通常は沸騰し始めてから鍋に食材を入れることが多いです。

STEP4:火の通り具合を確認する

竹串などを刺して火の通り具合を確認します。さつまいもの場合は、スッと竹串が中まで刺さったらOKです。

完成!

さつまいもがほっくほくに蒸しあがりました。

注意点

蒸し時間は食材によって異なるので、火加減と火の通り具合を確認しながら蒸すようにしましょう。

さいごに

さつまいもは素蒸しにするのがおすすめな野菜です。時間をかけてじっくり蒸しあげることで甘みが増しておいしくなります。ぜひお試しください。

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。